薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

【受賞】第59回日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞の受賞!

第59回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会」が島根県松江市で開催される予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響によって、2020年12月7日~2021年1月6日の期間にWeb開催となりました。この大会において優れた研究成果を発表した学生に贈られる「学生発表奨励賞」を薬学部の学生4名が受賞しました。

 

学生は3年後期から6年の卒業までの期間に各研究室へ配属され、研究室教員の指導のもとに課題研究に取り組みます。今回の受賞は、日頃の学生たちの努力が実った結果です。

 

鶴田学部長より各学生に一人ずつ賞状が手渡され、激励の言葉が贈られました。

 

各受賞者の研究内容は、以下のとおりです。

 

大石 亜美さん(5年生/病態生理・ゲノム機能学研究室/島根県立浜田高等学校出身)

[受賞研究テーマ]

RORα核内受容体の活性化による24S-ヒドロキシコレステロールの代謝誘導系の解析

大石 亜美さん

 

濱島 崇寛さん(5年生/病態生理・ゲノム機能学研究室/鹿児島第一高等学校出身)

[受賞研究テーマ]

CLDND1細胞接着分子のエンハンサー領域に作用する転写因子の同定

濱島 崇寛さん

 

木原 右人さん(5年生/医薬品化学研究室/広島県立府中高等学校出身)

[受賞研究テーマ]

熱電子環状反応を用いた新規pyrano[3,2-a]carbazole骨格合成法の開発研究

木原 右人さん

 

町支 七瀬さん(5年生/医薬品化学研究室/広島県近畿大学附属広島高等学校福山校出身)

[受賞研究テーマ]

新規pyrrolo[2,3-c]carbazole骨格構築法の開発研究及びdictyodendrin類の全合成研究

町支 七瀬さん

 

学生の皆さんは日頃の努力の成果が評価され、大変うれしそうに賞状を受け取りました。

 

福山大学薬学部には20研究室あり、基礎薬学分野(化学系2、生物系4、物理系4)の10研究室、衛生薬学分野の2研究室、医療薬学分野の5研究室、薬学臨床分野の3研究室から構成されています(研究室一覧はこちら)。研究室の主宰教授とともに、喜びを分かち合いました。

左から順に、道原教授、大石さん、濱島さん、鶴田学部長

左から順に、町支教授、木原さん、町支さん、鶴田学部長

 

2021年12月に竣工した未来創造館に薬学部の20研究室が移り、研究室間の垣根を越えたオープンラボスタイルでさらに研究が躍進することを期待しています。

 

さて、この受賞の喜びを伝えるために、学長室を訪問しました。

 

研究内容等の詳細は、学長室ブログ『【薬学部】学術大会で学生4名が学生発表奨励賞を受賞!』をご覧ください。

【薬学部】学術大会で学生4名が「学生発表奨励賞」を受賞!

 

(薬学部M)


福山大学薬学部の教員・研究室の活動内容については、 【研究室一覧】をご覧ください。

薬学部トップへ戻る