機械システム工学科

Department of Mechanical Systems Engineering

機械システム工学科の特徴

機械システム工学科

将来、機械系産業界で活躍できるエンジニアを目指すために、2コースの設置や専門力と人間力の修得、実学重視の演習の実施等、独自の幅広い学びを展開しています。

1
社会ニーズに応える2コース制

機械システム工学科では、機械システムコースと自動車システムコースを設置し、進化するモノづくり業界のニーズに適した特色あるカリキュラムに基づいた教育を行っています。

コース紹介、教育設備

機械システムコース

今後飛躍的にテクノロジー革新が期待される機械系専門技術領域にスポットを当てた教育・研究を通じて、社会の多様な人材ニーズに応える柔軟な発想と実践力のあるメカエンジニアを育成するコースです。
独自の4年間一貫した「3次元設計教育プログラム」によって、機械工学の知識・技術をベースに3次元CAD/CAM/CAEを活用できる機械設計・開発エンジニアを目指します。

自動車システムコース

機械工学の基礎をベースとし、さらに自動車工学・自動車技術を習得して自動車産業界で活躍できる人材を育成するコースです。2年次で自動車の設計・開発職を目指すカーエンジニア系と、自動車のメンテナンス技術に精通したエンジニアを目指すカーメカニック系に分かれます。本コースでは卒業と同時に二級自動車整備士(ガソリン、ジーゼル)の国家試験受験資格を得ることができ(両系とも取得可)、在学中に所定の講習(受講料必要)を修了することで実技試験が免除になります。

2
豊富な研究・教育設備

機械システム工学科には講義室の他、CAD/CAM室、自動車実習工場、光造形室、生産加工実習室等の施設があり、機械のモノづくりを学ぶ上で必要な研究・教育機器が多く揃えられています。

研究・教育設備紹介

研究・教育設備

「実習、演習は主にCAD/CAM室や生産加工実習室、自動車実習工場等で行います。CAD/CAM室には3次元CADが使用できる高性能コンピュータが設置されています。生産加工実習室には大型の工作機械(CNC旋盤、マシニングセンタなど)や汎用小型機械が、自動車実習工場には排ガス同時分析型シャシダイナモメータ等があり、屋内で自動車の走行性能を計測することができます。また、光造形室には高速光造形機があり、先端のモノづくりを学ぶことができます。

3
実学に対応した実習・演習科目

大手自動車メーカー出身の経験豊富な教員も在籍しており、理論と実際を学びながらエンジニアとしての基礎力および応用力を修得していきます。

特色ある実習、演習科目

エンジンデザイン

機械部品の設計では、必要とする強度や形状を総合的に検討する必要があります。この授業では、与えられた自動車エンジンの基本仕様を基に、エンジンの主要部品であるコンロッドやピストンなどを強度、振動、潤滑などを検討しながら、小型軽量化された最適形状に設計する演習を行います。3次元CAD/CAEを活用して、強度設計に必要な構造解析をはじめ周辺部品との干渉も回避しながら、最終形状を決定していきます。

ターボデジタルデザイン

遠心型ターボ機械を設計例題として取り上げ、与えられた仕様に基づいて羽根車と主軸の設計を行っていきます。3次元CADによって羽根車と主軸のモデリングを行い、さらに高速光造形機を用いて設計した羽根車を試作します。
この授業を通じて、機械工学の専門科目で習得した基礎知識の活用法、3次元CADによるモデリング手法、光造形機によるラピッドプロトタイピングの手法を学びます。

モノづくり実習

機械部品の加工をどのようにして行うかを、実際に加工作業を行って品物を作製して体験することで、機械を設計・製作する場合に必要な基礎能力や感覚を身につけていきます。大型マシニングセンタや半自動溶接機、ワイヤカット式放電加工機、転造盤など、様々な工作機械を使って実習を進めていくことで、モノづくりの楽しさを再認識できる内容になっています。