学長室

Office of the President

学長室メンバー

変わらぬ理念に根差して、揺るぎなく前進しています

私たち教職員は、全力をあげて皆さんをサポートしていきます。

学長

大塚 豊

学長の大塚です。専門とする学問分野は比較教育学です。外国の教育、とくに中国やアジア諸国の教育、その中でも高等教育の在り方や、教育と開発との関係について研究し教育してきました。大学全体の運営や改革を推進すべき立場になった今、これまでの研究を通じて培って来た知見や経験を活かし、本学にとって最適な教育システムの構築に向けて、教職員の皆さん、そして学生諸君と一緒に、揺るぎなく前進して行きたいと思います。

副学長

冨士 彰夫(国際交流・孔子学院担当)

副学長の冨士です。私は2006年に経済学部教授として採用になりました。それまでは大手銀行で、国際金融、為替・資金等の業務に携わってきました。その関連で、通算7年間のアメリカ勤務、2年間の大蔵省(現財務省)出向、経団連の様々な委員等国際ビジネスの最前線に身を置いていました。副学長としては国際交流を担当しており、現代社会に求められる大学づくりと人材育成に微力を尽くしたいと思っています。

鶴田 泰人(総務・教学・共同利用センター担当)

教育・共同利用センターを担当し、大学教育センター長の職務を兼任しています。大学教育センターは2つの役割を担っています。1つは、各学部・学科の専門教育と並んで大切な語学や情報処理、さらに幅広い教養や高い見識を身につけるのに不可欠な全学共通教育の企画・運営で、もう1つは、大学全体の教育改革の推進を支えることです。学生・教職員が共に活動していく、最適な教育システムの構築に貢献していきます。

平 伸二(研究・危機管理・入試・長期ビジョン担当)

私は科学捜査研究所に勤務したことがあり、専門は犯罪心理学です。2004年に福山大学へ来てからは、学生と地域の皆様と一緒に安全・安心まちづくりの活動をしてきました。この教育・研究活動の中で、学生達が活き活きと躍動し、人間性の成長にも結びつくことを実感しました。福山大学が地域の知の拠点となり、多くの人が集い、社会に有用な人材を育て、本学が地域から愛され続ける大学となるように努めていきたいと思います。

顧問

松田 文子

10年10か月、学長を務めさせていただきましたが、2021年4月より顧問となりました。大塚豊学長が新しい学長として思う存分腕がふるえるように、1年間だけ顧問役を務め、スムーズな船出を支援します。

学長補佐

山本 覚(自己点検・IR・長期ビジョン・広報担当)

学長補佐として、自己点検・評価、IR ( Institutional Research ) 、長期ビジョンを担当し、生命工学部長を兼任しています。高等教育機関である大学には、教育の質の保証が求められています。福山大学が特色ある私立大学として発展するために長期ビジョンを策定し、その進捗状況や教育・研究の成果を点検・評価して質の保証につなげる大切な役割です。IRでは長期ビジョンの策定や教育・研究の質的向上に必要なデータの収集とその解析に取り組みます。生物工学科では醗酵科学研究室・教授として、学生たちとブドウ栽培とワイン醸造に取り組んでいます。

仲嶋 一(研究・社会連携担当)

工学部に所属し、安全安心防災教育研究センター長を兼務しています。大学運営では研究活動の活性化を担当します。2015年に赴任するまでは企業の研究所で約30年製品の開発研究に従事してきました。企業と異なる研究の使命は、研究を通じて人を育て社会の発展に貢献することです。この地域ならではの研究を育て、地域に根付き貢献する人材を育成することで、地域への貢献の拡大に微力ながら尽力していきたいと思っています。

佐藤 圭一(入試担当)

福山生まれの福山育ちで、高校を卒業するまで福山で過ごしました。福山大学に着任し、四半世紀ぶりに福山に戻るという縁に恵まれました。所属する工学部建築学科では、建築史や建築設計の授業を担当し、フィールドワークを研究方法として備後地域の建築や地域生活空間を調査しています。現在は入試委員長として学生の受け入れを担当しています。教育・研究・社会活動を連携させて、学生と共に地域に根ざしてゆきたいと思います。

満谷 淳(教学担当)

学長補佐として教育を担当します。生命工学部に所属し、教務委員長を兼務しています。福山大学では平成20年から「福山大学教育システム」を掲げ、教育改革を継続的に行ってきました。現在のコロナ禍は遠隔授業の導入など大学の教育・学修に大きな影響を及ぼしていますが、対面と遠隔を融合させた授業形態など新しい道も見えてきました。この経験を活かし、どのような状況下でも学生の皆さんに質の高い授業を提供できるよう、教育改革の推進に務めていきたいと思います。

事務局長

吉留 義史

5学部を擁する中四国有数の私立総合大学としての強みを生かし、地域に根ざした大学として伝統を紡いでいます。「人間性を尊重し、調和的な人格陶冶を目指す全人教育を行う。」という建学の精神のもと45年を超える歴史の中で、卒業生は各方面で活躍しています。事務局のメンバーも建学の精神を胸に刻み、学生の皆さんのサポートを第一に日々励んでいます。 充実した明るいキャンパスを見て、自分創造の学びに挑んでください。