福山大学 グリーン&ブルー宣言

Fukuyama University Green & Blue Declaration

~ 瀬戸内の里山・里海から日本そして世界へ ~

地球規模の汚染や開発に伴う環境破壊、温室効果ガスの増加が原因とされる気候変動が我々人類のみならず地球上の生命の存続を脅かしています。そのような中、福山大学は、瀬戸内の里山(グリーン)・里海(ブルー)と密接に関わり共存しつつも経済、産業、文化を発展させ、持続可能な社会の構築に努力します。里山と里海に囲まれた福山・備後の地で持続可能な社会の実現に貢献し、瀬戸内モデルとして地域社会、日本そして世界の環境保全に寄与します。

基本方針

1. 福山大学の理念に基づき、環境関連の法令等を遵守しつつ、陸・海の環境を維持し、人々の暮らしを発展させていく社会の実現に貢献します。
2. 環境保全やカーボンニュートラルに関わる環境教育を推進し、環境に対する意識が高く、また環境問題の解決に貢献する人材を育成します。
3. 環境保全に配慮し、カーボンニュートラルに対応したキャンパスを構築し、地域のさきがけとなると共に教育・研究に活用します。
4. 環境保全やカーボンニュートラルに関わる研究、特に里山・里海の環境保全を重点テーマとして推進し、地域社会に還元します。
5. 本学の取り組みを日本そして世界に発信し、得られた成果を広く社会と共有します。