学生課

Student Affairs Division

福山大学の写真

奨学金制度

日本学生支援機構奨学金 継続手続きについて

 現在、日本学生支援機構奨学金を受給中の方は、来年度(2022年4月以降)も継続して希望するか、または今年度(2022年3月まで)で辞退するかの意思表示を、インターネットより手続きをおこなう必要があります。今年度で辞退する場合もこの手続きが必要です。

継続願を期日内に提出しなかった場合は奨学金を継続する意思が無いとみなされ、2022年4月より奨学金が停止または廃止となります。一度廃止となった場合は、いかなる理由があっても復活することができませんので、必ず期日内に提出を行ってください。

 

奨学金継続願の提出 | JASSO

※ 継続を希望しない場合も、インターネットでの入力手続(辞退)が必要です。

※ 複数の奨学金を併用している場合は、それぞれ提出を行ってください。

※ 第一種・第二種を併用受給されている方は、それぞれ入力が必要です。(2回入力する必要あり)

※ 給付奨学金(新制度)との併給者で、調整のため第一種の貸与月額が0円となっている場合も継続手続きは必要です。

※ 主たる家計支持者の所得金額の入力が必要です。

  源泉徴収票や確定申告書(控)等を手元に準備して下さい。(これらの書類を大学や機構に提出する必要はありません)


該当者には、“Zelkova” – 学生ポータルシステムにて通知しております。ご確認ください。

【提出期日】
2021年12月15日(水)~2022年1月14日(金) 8:00~25:00

※ 期日間近はアクセスが集中するため、早期の提出を推奨いたします。
※ 年末年始のため2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)は利用できません。

※ スマートフォンからも入力できます。


【提出方法】  

① 別紙の「奨学金継続願の提出手続きについて」をダウンロードし、記入します。

 誤入力の防止・円滑な入力のために、下記の「奨学金継続願」入力準備用紙をダウンロードし、必要事項を記入してください。

 

② スカラネット・パーソナル(スカラネットPS)にログインします。

 スカラネット・パーソナル (jasso.go.jp)

 初めて利用の方は登録が必要です(口座情報・奨学生番号入力必要)。

 また、既に登録している方も、ログイン時に奨学生番号が必要です。

 

③ 画面の指示に従い、「奨学金継続願の提出手続きについて」の内容を入力する。

※ 奨学金毎の「奨学金継続願の提出手続きについて」の内容とあわせて、確認をしながら入力を進めてください。

 

【注意事項】

※ 2021年10月支援区分見直し時に「支援区分外」となり、停止中の方も入力が必要です。

※ 貸与奨学金(第一種/第二種)との併用採用の場合は、各々の奨学生番号に対して「継続願」の提出(スカラネット・パーソナル上での入力手続き)が必要です。

※ 旧給付奨学金を除き、大学窓口への提出書類はありません。

 

貸与奨学金(第一種・第二種)の継続手続き

 

給付奨学金(修学支援新制度)の継続手続き

 ※ 2021年10月に実施された支援区分の見直しにより、給付奨学金が現在停止中の学生も入力は必要です。

 ※ 第一種奨学金を貸与中の方で、給付奨学金に採用となったことにより、併給調整で第一種奨学金の振込金額に制限がかかっている(振込金額0円)場合でも、第一種奨学金に対しての「継続願」の提出(スカラネット・パーソナル上での入力)は必要ですので十分ご注意ください。

 

旧給付奨学金の継続手続き

 ※ 旧給付奨学金受給者は、通学状況や年次によって大学へ書類を提出する必要があります。各自必要書類を確認してください。

 

福山大学奨学制度

本学では、在学(長期履修制度選択者及び外国人留学生を除く)し、学業成績優秀、品行方正であり、他の学生の模範となると認められる者に奨学金を授与して積極的にその育成に資することを目的とした独自の奨学制度を設けています。

特別奨学生A・B・C採用実績

■特別奨学生A

【奨学金額】

入学年次の授業料について、50%を減免するとともに正規の修業年限の間、継続して適用します。

ただし、2年次以降において各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限ります。

【備考】

特別奨学生Aは、公募推薦型選抜入試(A日程・B日程)、一般選抜入試(前期A日程・B日程、後期)、

大学入試共通テスト利用入試(前期・後期)の合格者で、成績優秀者から選抜します。

【採用実績】

 

■特別奨学生B

【奨学金額】

入学年次の授業料について、薬学部においては30%を、その他の学部においては40%をそれぞれ減免するとともに

正規の修業年限の間、継続して適用します。

ただし、2年次以降において各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限ります。

【備考】

指定校推薦型選抜入試の合格者のうち、各高等学校に通知する評定平均値を上回る者を選抜します。

【採用実績】

 

■特別奨学生C

【奨学金額】

入学年次の授業料について、50%を減免するとともに正規の修業年限の間、継続して適用します。

ただし、2年次以降において各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限ります。

【備考】

経済学部国際経済学科の指定校(グローバル人材強化)及び税務会計学科の指定校(会計・経営人材強化)並びに

人間文化学部メディア・映像学科の指定校(芸術・メディア表現枠)推薦型選抜の合格者

【採用実績】

 

■一般奨学生

【奨学金額】

当該年度の授業料のうち、薬学部においては50万円を、その他の学部においては30万円を免除します。

【備考】

本学に入学後、2年次以上における前年度(薬学部6年次の選考については、1年次から5年次までの5年間)の学業成績優秀な者のうち、

福山大学奨学生選考部会で毎年若干名を選考します。

【採用実績】

 

■大学院奨学生

【奨学金額】

○修士・博士前期・博士(4年生)課程
 1年次は、当該年度の授業料の70%を免除します。2年次以降は、当該年度の授業料の30%を免除します。

○博士・博士後期課程
 当該年度の30%を免除します。

【備考】

学校法人福山大学大学院奨学生制度に基づき、大学院に在学し、学業成績優秀、品行方正、かつ身体強健な者のうち、

大学院委員会で毎年若干名を選考します。ただし、期間は1年間とし、更新することができます。

 

日本学生支援機構奨学金制度

奨学金 – JASSO

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)による奨学制度は、人物・学業ともに優秀でありながら、

経済的理由により修学が困難な学生に対し貸与される奨学金です。

大学卒業後(奨学金貸与終了後)は返還義務が生じ、あなた自身が返還していきます。

返還金は日本学生支援機構の奨学金を利用する後輩の奨学金として再び活用されていきます。

 

■日本学生支援機構給付奨学金

2021年度給付奨学生のしおり (jasso.go.jp)

給付金額

給付奨学生として採用されてから正規の卒業時期まで、

世帯の所得金額に基づく区分に応じて下表の金額(月額)が、原則として毎月振り込まれます。

生活保護世帯(受けている扶助の種類を問いません。)で自宅から通学する人及び

児童養護施設等*1から通学する人等は、上表の()内の金額となります。

「自宅外通学」とは、あなたが生計維持者のもとを離れて家賃を支払って生活している状態のことをいいます。

「自宅外通学」の月額を選択する場合、自宅外通学であることの証明書類の提出が必要です。

*1 「児童養護施設等」とは、児童養護施設、児童自立支援施設、児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設から改称)、

児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)を行う者、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を行う者、里親を指します。

 

支給額の見直し

毎月の支給額は、前年の所得金額等に基づき毎年度10月に見直されます。

 

貸与奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金)を併せて利用する場合

給付奨学金と第一種奨学金を合わせて利用する場合、第一種奨学金の貸与月額の上限額が制限されます。

【調整後の貸与月額】

給付奨学金受給中の場合の貸与月額

親と同居している生活保護世帯の人、児童養護施設等から通学する人は、()内の金額となります。

第二種奨学金の貸与月額には、給付奨学金の利用は影響しません。

日本学生支援機構ホームページの「進学資金シミュレーター」であなたが収入基準において該当するかどうか、

おおよその確認ができますので、ご活用ください。

>> 進学資金シミュレーター-JASSO

 

選考基準

給付奨学金の支給を受けるには、次の(1)と(2)の両方を満たす必要があります。

(1)学力基準

   ア 入学後1年を経過していない人

     次の①から③のいずれかに該当すること

     ①高校等の評定平均値が3.5以上であること

     ②高校卒業程度認定試験の合格者であること

     ③将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが学修計画書により確認できること

   イ 入学後1年以上を経過した人

     次の①、②のいずれかに該当すること

     ①GPA(入学時から前年度末までの累積)が学科上位2分の1以上の者

     ②修得単位数が標準単位数以上であり、将来、社会で自立し、

      活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが学修計画書により確認できること

      ※標準単位数=卒業所要単位数÷修業年限×申込者の在学年数

 

   ただし、在学中の学業成績等が下記の1~3のいずれかに該当する場合は、支給対象外となります。

     1:修業年限で卒業又は修了できないことが確定したこと

     2:修得した単位数の合計数が標準単位数の5割以下であること

     3:履修科目の授業への出席率が5割以下であることその他の学修意欲が著しく低い状況にあると認められること

 

(2)家計基準(収入基準・資産基準)

  1.収入基準

   収入基準は以下のとおりです。日本学生支援機構ホームページの「進学資金シミュレーター」で、

   収入基準に該当するかおおよその確認ができますので、ご利用ください。

     【第Ⅰ区分】

      あなたと生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること(※1)。

     【第Ⅱ区分】

      あなたと生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が100円以上25,600円未満であること。

     【第Ⅲ区分】

      あなたと生計維持者の支給額算定基準額(※2)の合計が25,600円以上51,300円未満であること。

       ※1 ふるさと納税、住宅ローン控除等の税額控除の適用を受けている場合、各区分に該当しない場合があります。

       ※2 支給額算定基準額(a)=課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)(b)(100円未満切り捨て)

 

   支給額算定基準額を算出するための「課税標準額」「調整控除額」「調整額」は、

   課税証明書や所得証明書に必ず記載されているものではありません。

   なお、「マイナポータル」を活用すれば、市町村民税の課税標準額などを調べることができます。

 

   (a) 市町村民税所得割が非課税の人は、(※1)の場合を除き、この計算式にかかわらず、支給額算定基準額が0円となります。

   (b) 政令指定都市に対して市民税を納税している場合は、(調整控除額+調整額)に4分の3を乗じた額となります。

 

  2.資産基準

   あなたと生計維持者(2人)の資産額(※)の合計が 2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること。

    ※資産とは、現金や以下に準ずるもの。

      ・・・投資用資産として保有する金・銀等、預貯金、有価証券の合計額を指し、土地等の不動産は含みません。

     なお、資産に関する証明書(預金通帳のコピー等)の提出は不要です。

 

 

■第一種奨学金

2021年度貸与奨学生のしおり (jasso.go.jp)

【奨学金額】

○自宅通学者(月額) 20,000円、30,000円、40,000円、54,000円

○自宅外通学者(月額)20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円

【備考】

日本学生支援機構の申込基準を満たす者。

■第二種奨学金

2021年度貸与奨学生のしおり (jasso.go.jp)

【奨学金額】

月額 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、 80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円 から選択(薬学部は20,000円の増額も可)。

【備考】

日本学生支援機構の申込基準を満たす者。

■大学院奨学生

2021年度貸与奨学生のしおり (jasso.go.jp)

【奨学金額】

[第一種/選択型]
○修士・博士前期課程 月額50,000円、88,000円
○博士後期・博士課程 月額80,000円、122,000円

[第二種/選択型]
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択。

【備考】

日本学生支援機構の申込基準を満たす者。

その他の奨学金制度

 

公益財団法人八幡記念育英奨学会

 

1.出願資格

  ・日本国籍の者

  ・学業・人物がともに優秀であり且つ、健康であって学資の支弁が困難と認められる者

  ・他の奨学金(名目・金額の如何を問わず。貸与奨学金を含む)や授業料免除(一部免除を含む)を受けていない者

  ・【学  部】4月から2学年~6学年となる者

  ・【大学院】修士課程もしくは博士前期課程の者

 

2.奨学金の額・期間

  ・給与月額・・・学 部:月額 80,000円

          大学院:月額100,000円

  ・給与期間・・・2022年4月から正規の最短修業期間を終了するまで

 

3.申込期限

   令和4年3月18日(金)17:00

 

 

公益財団法人熊平奨学文化財団

 

1.応募資格

 ・理工系の学部生・大学院生

 ・優秀な学力と穏健な性格を持ち、心身共に健全な者

 ・親の年収が850万円以下であること

 ・他の返済義務のない奨学金との併給は不可

 

2.奨学金の支給

 ・種類  ・・・給与(返済の必要はありません)

 ・支給金額・・・月額50,000円

 ・支給期間・・・2022年4月~2023年3月

 ・支給方法・・・採用決定後本人に連絡

 

3.申込期限

   令和4年2月28日(月)17:00

 

 

 

地方自治体(府県市町村)や財団・企業による奨学金制度もあります。

福山市奨学金・福井県奨学金・山梨県奨学金・山口県奨学金返還補助制度・大分県奨学会・鹿児島県育英財団・あしなが育英会・もみじ銀行育英会・八幡記念育英奨学会・山口県ひとづくり財団・ハローズ財団・松尾金藏記念奨学基金・小川財団・小松育英会・米濵・リンガーハット財団・交通遺児育英会・河内奨学財団・日本教育公務員弘済会・酒井CHS振興財団・重田教育財団・日本教育文化財団   他

これらの奨学金は、大学から申込む場合と、個人で申込む場合があります。希望する場合は学生課で取扱いの確認をし、個人申請の場合は、各地方自治体や財団・企業にお問い合わせください。

 

 

 

 

学生課