薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬学科

坂根 洋(さかね ひろし)

職 名 講師
学 位 博士(医学)
専門分野 細胞生物学
担当科目 生体のなりたち、社会・集団と健康、薬学入門、衛生化学実習
メッセージ 哺乳動物の体を形作る細胞の内部には、いろいろな蛋白質が存在しています。これらの蛋白質は、細胞の内部で適切な場所に運ばれてから機能することが知られています。蛋白質を適切な場所に運ぶメカニズムは細胞内小胞輸送と呼ばれ、細胞にとって必須のメカニズムであり、とても興味深い現象です。

細胞の内部で起こる蛋白質の選別

細胞の表面には、外部からの刺激を受け取る受容体と呼ばれる蛋白質が存在しています。受容体には外からの刺激を受けると細胞の内部に取り込まれて、刺激情報を細胞の内部に伝えていくものがあります。細胞の内部に取り込まれた受容体のその後の動きを追跡してみると、細胞表面に戻って再利用される場合と、細胞の内部で分解されてしまう場合があります。取り込まれた受容体を再利用するのか、あるいは分解するのか、という選別機構は細胞にとって大切な機能であり、この選別機構の詳細を明らかにしたいと考え、研究を行っています。

筋芽細胞同士の融合で形成される筋管細胞

C2C12細胞と呼ばれる細胞は、通常は核を一つ持つ単核の筋芽細胞ですが、この筋芽細胞を培養するときの条件を工夫することによって筋芽細胞同士は融合して、核をたくさん持つ多核の筋管細胞となることが知られています。筋管細胞は繊維状の構造体をとり、私達の体を動かす筋肉の繊維の元になります。筋芽細胞から筋管細胞が形成される過程では、まだわかっていない点もあり、これらのわかっていない点を明らかにすることを目標に研究を行っています。