薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

第44回福山大学薬学部卒後教育研修会を開催!

第44回福山大学薬学部卒後教育研修会を開催!

2月19日(土)午後、未来創造館2階大講義室において、「時代を拓く新しい薬剤師像への挑戦」をテーマとして掲げ、44回目となる卒後教育研修会が2名の講師を迎えてweb開催されました。薬剤師は国家資格を取得した後も、日々進化する医療に立ち遅れないために研鑽を積み続けることが求められます。福山大学薬学部は卒業生に学修の機会を生涯に亘って提供し、応援し続ける卒後教育研修会を平成5(1993)年度から開催しています。

第44回福山大学薬学部卒後教育研修会の案内

第44回薬学部卒後教育研修会の最初の講演は、江藤精二教授が座長を務め、佐藤雄己教授により「専門薬剤師によるがん治療への多角的アプローチ~がん治療におけるファーマシューティカルケアの実践と臨床研究の推進~」という演題で行われました。

 質疑応答中の佐藤雄己教授(左)と座長の江藤精二教授(右)

次に、森田哲生教授を座長として、日本薬剤師連盟副会長の神谷まさゆき氏が演題「医療を取り巻く環境と薬剤師~今後の薬剤師に期待されることを考える~」を講演してくださいました。神谷まさゆき氏は、本学薬学部の卒業生です。

Zoomで講演中の神谷まさゆき氏

第44回薬学部卒後教育研修会は、Web形式を初めて導入して行い無事に終了しました。コロナ禍後においても、オンラインも活用し、卒後教育活動を継続させたいと考えています。

 

本ブログの詳細は2022年3月3日の学長室ブログ『【薬学部】薬剤師の生涯教育:第44回福山大学薬学部卒後教育研修会を開催!』をご覧ください。

 

薬学部SO

薬学部トップへ戻る