生命工学部

Faculty of Life Science and Biotechnology

【生物工学科】福大の春は散歩に良い

【生物工学科】福大の春は散歩に良い

皆さんこんにちは。生物工学科佐藤です。コロナの影響もあり極端に運動不足におちいり、1年半前から学内を散歩しています。春の福山大学キャンパスは花であふれており、楽しみながら散歩できるので、運動につらさを感じません。どんな花を見ることができるのかと言うと、たとえば、、、

4月初旬はご存じ桜です。入学式にもきれいに咲いていましたね。学外の皆様も来られて敷物を敷いて花見をされていました。今年は天気が良く大変きれいに満開の桜を見ることができました。

それから少し時間がたち、4月下旬には八重桜が咲きます。生物工学科17号館の比較的近いところでは、図書館の北側です。サッカー場や野球場へと向かう道はクスノキと八重桜に挟まれた道です。クスノキの落ち葉が多い時期でもあり滑りやすい道になっていることもありますが、天気の良い日は、赤と青と緑の色に囲まれながら気持ちの良い散歩ができます。

5月になると、学内はツツジに包まれます。ハナアブなどの虫たちが花の蜜を吸いに訪れます。たまにスズメバチが出てきてびっくりすることもあります。人が栽培している植物を上手に野生の生き物たちが使っているようですね。

さて、これからはどんどん暑くなり、散歩が大変な季節になりますね。散歩をされる方は水と帽子は忘れずに。キャンパス内を1周すると、だいたい3000歩から4000歩歩くことができます。ついでに東村町の田んぼまでぐるーっと回ると5000歩程度です。運動不足の方は福山大学に来て、歩いてみるのも良いかもしれませんね。1年歩くと、季節の違いを感じることができて面白いですよ。でも季節的に穏やかな春と秋がお勧めです。

生命工学部トップへ戻る