人間文化学部

Faculty of Human Culture and Sciences

心理学科

大杉 朱美(おおすぎ あけみ)

職 名 講師
学 位 博士(心理学)
専門分野 捜査心理学、犯罪心理学、生理心理学
担当科目 捜査心理学、交通心理学、専門英語、心理学実験、捜査心理学課題実習、捜査心理学専門ゼミ 等
メッセージ 捜査心理学とは、「心理学の知見を実際の犯罪捜査に活かすことを目的とした学問領域」であり、犯罪心理学の中の一分野です。人の記憶を探るポリグラフ検査、正しい情報を引き出す取調べ手法、膨大な情報を分析して犯人に迫るプロファイリング等、実際の犯罪捜査に活かされる心理学を学び、深め、そして発展させる場所に、皆さんも飛び込んでみませんか? 捜査心理学を通じて培われる冷静な分析力、臨機応変な対応力は、情報で溢れる現代において、警察に限らず広く一般社会にも役立つ力です。基礎力、実践力ある人材を輩出していくことで、安心安全な地域社会の実現に貢献したいと思います。

捜査心理学講義の様子はこちら
 【心理学科】福山西警察署刑事課長が「捜査心理学」の特別講義(第1弾)!(学長室ブログより)
交通心理学講義の様子はこちら
 【心理学科】交通心理学講義でアイディア発表会!(学長室ブログより)

これまでの活動

11年間、いわゆる「科捜研」で勤務し、現場の捜査員の皆さんと事件解決に全力を尽くしてきました。この度、科学捜査の進展により広く貢献するため、そしてそれを担う多くの人材を生み出すための教育・研修に力を入れるために、本学に移りました。何百、何千もの事故事件に対応してきた実務経験を存分に活かしながら、まずは捜査に活かされる心理学の実情を正しく伝えること、その上で現状の課題や問題点を整理し、その解決方法を探ること、そして新たな知見や発見を通じて、より良い技術を提供することを目指します。

模擬取調べの様子

ポリグラフ検査(隠匿情報検査)に関する研究

ポリグラフ検査と聞いて、「ウソ発見器」を思い浮かべ、怪しそうだなと思う人は多いかもしれません。でもそのイメージ、実は間違っていると言われたらどうでしょうか?日本のポリグラフ検査は、実は「ウソ」ではなくて、事件や事故の「記憶」や「認識」を対象としています。検査を受ける人が「犯人しか知り得ない情報を知っているかどうか」を調べる検査として、実は世界の研究者からも注目される検査なのです(隠匿情報検査と言います)。検査では、呼吸や心拍、皮膚電気活動等の生理指標が用いられ、その妥当性や正確性は多くの科学的研究から評価されています。
私たちは、特に犯行時の覚醒状態が検査に及ぼす影響や、反応時間を用いた検査の有効性、検査時のアーチファクト検出に関する研究を行っています。

隠匿情報検査の実験の様子