共同利用センター

Common Resources Center

福山大学の写真

概要

共同利用センターは、福山大学における主要な施設設備を計画的に整備し、効率的に管理運営する目的で設置され、教育・研究機器設備部門、ICTサービス部門、および作業環境管理部門の3つの部門で構成されています。
教育・研究機器設備部門は、大型の教育・研究機器を計画的に整備し、学内の効率的な共同利用を推進するとともに、関連技術の研究・開発を行い、教育と研究の便宜を図ることを目的としています。
ICTサービス部門は、ICT関連設備機器を集中管理して、ICTを活用した教育・研究・事務遂行の全学的支援することを目的としています。
作業環境管理部門は、実験室などの環境分析などを行い、必要に応じて改善を促すことで、実験・研究に従事する学生、教職員の安全と健康を守ることを目的としています。
7号館が共同利用センターの主要施設となっています。

組織

予定表

プロジェクトラウンジの運営について

プロジェクトラウンジは、これまで学生が自由に学修等に利用できる場所として運営して参りましたが、新型コロナウイルス感染防止の観点から、当面の間は、学生の自由な利用を禁止し、

・利用希望者は、ICTサービス窓口で受付を行うこと
・受付時に利用時間帯を届け、厳守すること
・出入りの際には必ずアルコール消毒を行うこと
・室内ではマスクを着用し、私語は慎むこと
・利用する机と椅子は1人1組とし、学生間の距離を1m以上とること
・1時間以上利用する場合は、30分に1回の換気を行うこと
・飲食はしないこと
・カーペットエリアおよび飲食可能スペースは利用しないこと

とします。

なお、授業での利用は受け付けますが、上記に従い感染防止対策を十分に行った上でご利用をお願いします。

予定表を確認するには、本学の全学共通ID及び同パスワードが必要です。

スタッフ

共同利用センター