薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

第2回広島テックプラングランプリで「丸善製薬賞」を受賞!

第2回広島テックプラングランプリで「丸善製薬賞」を受賞!

3月19日(土)にリーガロイヤルホテル広島で開催された「第2回広島テックプラングランプリ」の最終選考会で、薬学部髙山健人講師が「丸善製薬賞」を受賞しました!以下、その模様について受賞者の髙山講師からの報告です。

****************************

3月19日(土)にリーガロイヤルホテル広島にて「第2回広島テックプラングランプリ」(主催:広島銀行・株式会社リバネス)の最終選考会が開催され、これまで明らかにしてきた研究成果をもとに、社会の抱える課題をどう解決していくかに関してプレゼンテーションしてきました。「広島テックプラングランプリ」は、広島で世界を変革する力をもったアントレプレナー(起業家)の発掘・育成を目的として、広島で熱意を持って研究・開発に取り組む個人やチームの研究成果を、自律的かつ継続的に社会実装していくための契機を獲得する場として開催されています。

当日の最終選考会では、書類審査を通過した9チームがそれぞれのビジネスプランについてプレゼンし、私は「腸内フローラを介した漢方薬の作用メカニズムの解明」というこれまでの研究活動から得た成果をもとに、昔から重要視されている「薬食同源(医食同源)」の意義を腸内フローラの解析から科学的に解き明かすことで、ポリファーマシー(多くの薬を服用すること)による患者さん自身及び医療費など国家財政への負担軽減につなげ、健康寿命の増進を目指すという内容でプレゼンしました。その結果、「丸善製薬賞」を頂戴することとなりました。

この最終選考会では、ベンチャーの立ち上げを支援する「地域開発パートナー」企業の方々と様々な意見交換を通して、大学にいるだけでは想像できなかった社会における自身の研究の「現在地」を知ることができ、また自身の研究の新たな価値を見出すことができました。

****************************

このたびはおめでとうございました。今後の活躍を祈念いたします。

本ブログの詳細は2022年4月7日の学長室ブログ『【薬学部】広島テックプラングランプリで「丸善製薬賞」を受賞!

をご覧ください。

 

薬学部SO

 

薬学部トップへ戻る