薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬学部の卒業生がカナダで薬剤師になりました!

薬学部の卒業生がカナダで薬剤師になりました!

薬学部の2015年度卒業生である新地恵里香さんから、カナダの薬剤師国家試験に合格したとのお知らせが届きました。

新地さんは、在籍時には漢方薬物解析学研究室(主催:岡村信幸教授)に所属し、研究・学習に励んでいました。卒業生の活躍は大変喜ばしい事ですが、薬剤師としての働き方のキャリアモデルの一つとしても参考になる興味深い報告となっています。

 

新地さんは2016年3月に薬学部を卒業後、愛媛県のレディ薬局に就職しました。学生時代から海外の薬剤師の仕事に興味があり、サンキュードラック主催のアメリカ薬剤師研修に参加したこともありました。勤務していた日赤病院前の薬局では、海外からの患者さんに服薬指導することもあり、卒業後も英語の勉強は続けていたそうです。

薬局に勤務する傍ら2018年の夏頃に薬剤師の資格試験に挑戦することを決意し、2020年1月に「Evaluation Examination」という海外薬剤師向けの試験に合格しました。そこから、2020年8月から2021年3月までUniversity of British ColumbiaによるCanadian Pharmacy Practice Programに参加して、3ヶ月間の実務実習準備のための講座や薬局実習を修了後、2021年6月に見事「the Pharmacy Examining Board of Canada」による国家試験に合格しました。今年の8月からShoppers Drug Martというコミュニティー薬局で薬剤師として働いています。

写真は新地恵里香さんです。今後の益々のご活躍を祈念しております。

詳細は9月19日の『【薬学部】卒業生がカナダで薬剤師になりました!』をご覧ください。

薬学部SO

薬学部トップへ戻る