薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

第58回日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞の受賞!

第58回日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞の受賞!

第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会」が、2019年11月9日(土)~10日(日)、香川県高松市で開催されました。この大会において優れた研究成果を発表した学生に贈られる「学生発表奨励賞」を薬学部の学生4名が受賞しました。

 

鶴田学部長より各学生に一人ずつ賞状が手渡され、激励の言葉が贈られました。

各受賞者の研究内容は、以下のとおりです。

 

番匠谷 研吾さん

(大学院薬学研究科1年生/薬物動態学研究室 所属/広島県・広島大学付属高等学校 出身) 

[受賞研究テーマ]

コレステロール修飾スチレンマレイン酸コポリマーを用いたアムホテリシンBミセル製剤の評価

 

小峠 里佳さん

(6年生/医薬品化学研究室 所属/広島県・府中高等学校 出身)

[受賞研究テーマ]

エナミノジケトンと置換ヒドラジンとの反応によるピラゾール誘導体の合成とその構造解析

 

角南 友佳子さん

(6年生/病態生理・ゲノム機能学研究室 所属/広島県・盈進学園 盈進高等学校 出身)

[受賞研究テーマ]

一般人を対象にした遺伝子検査により予防効果が示される生活習慣関連疾患の意識調査

 

田中 優太さん

(5年生/薬理学研究室 所属/広島県・盈進学園 盈進高等学校 出身)

[受賞研究テーマ]

虚血再灌流誘発神経細胞死に対するタンパク質SUMO化修飾の役割-血液脳関門機能維持の観点から- 

学生の皆さんは日頃の努力の成果が評価され、大変うれしそうに賞状を受け取りました。 

研究室主宰の教授も集合し、記念撮影です。

これを励みに、今後もさらに研究に取り組んでください。

ちなみに、この賞状を持って、喜びを学長室へ報告に行きました。

左から鶴田学部長、田中さん、番匠谷さん、松田学長、小峠さん、角南さん、田村学部長補佐です。

 

福山大学薬学部には20研究室あり、基礎薬学分野(化学系2、生物系3、物理系5)の10研究室、衛生薬学分野の2研究室、医療薬学分野の5研究室、薬学臨床分野の3研究室から構成されています(研究室一覧はこちら)。学生は3年次後期から各研究室に配属され、研究室教員の指導のもとに課題研究を行っています。そして、各研究室において、それぞれの専門分野で日々の課題研究に取り組みます。今回の受賞は、日頃の学生たちの努力が実った結果です。

 

詳細については、『学長室ブログ:【薬学部】学術大会で学生4名が学生発表奨励賞を受賞!』をご覧ください(https://www.fukuyama-u.ac.jp/blog/31078/)。
 
 

【薬学部】学術大会で学生4名が学生発表奨励賞を受賞!

 

(薬学部M)


福山大学薬学部の教員・研究室の活動内容については、 【教員紹介】をご覧ください。

薬学部トップへ戻る