海洋生物科学科

Department of Marine Bio-Science

コース紹介

海洋生物科学科のコース制について

海洋生物科学科では、海洋生物を「育てる」「守る」「探る」「利用する」の視点から捉えた教育・研究を行ってきました。これらの視点を具体的に進路に結び付けられるように、「資源利用育成コース」、 「フィールド生態環境コース」、「アクアリウム科学コース」、「水産食品科学コース」の4つからなるコース制を導入しています。
 本学科では、学生募集は学科全体で行い、1~2年次には全員がベースとなる海洋生物や環境について学び、3年次からいずれかのコースを選択して配属となり、専門的な知識と技術を学びます。
 これは、「海洋生物と海洋環境に関する基本的な知識と技術はどのコースに進む場合にも共通であり、これらを1、2年次の間にしっかり学んで欲しい」、そして「学びながら将来の進路をじっくりと考えて、各自が決めた目標に向かってより深く専門的な知識と技術を身につけて欲しい」という願いがあるからです。
 なお、所属するコースの科目を中心に学んでいくことはもちろん、他コースの専門科目も選択科目として履修することができるので、アクアリウム科学コースで飼育展示を学びながら、自然界での生物の生態や環境調査についても学ぶなど、興味にあわせて幅広く知識を身につけることができます。

1. 資源利用育成コース

因島キャンパスをフィールドに、豊かな瀬戸内海の水産資源を持続的に利活用していくため、対象種の生理・生態的な特徴を把握するとともに、増養殖に直結する飼育および資源利用を検討します。

このコースで学ぶ内容は?

3年次では、有用魚種の育成や育種の基礎となる魚の増養殖法、飼育環境の管理、魚の繁殖、さらに魚の疾病と予防などについて学びます。4年次では、配属された研究室でより専門的な研究をしながら、魚の種苗育成技術の開発、魚類の生態と生息環境の調査方法、魚介類の集団遺伝学的解析法などを学びます。

特徴的な卒業研究は?

シロギス、キジハタ、シタビラメ類などの有用魚種の仔稚魚の飼育技術開発
キンギョ、ニシキゴイをモデルとした魚類の形態異常の要因の解明
藻場における幼稚魚の分布と食性
藻場における生物群集の食物網構造
里海里山に生息する水圏生物の遺伝的集団構造の解析
魚類における環境ストレス耐性形質の発現とその評価 など

関連する資格は?

中学・高校一種(理科)、高校一種(水産)、学芸員(任用資格)、小型船舶操縦士

予想される進路は?

養殖業、水産業、流通業

2. フィールド生態環境コース

野生生物や海の環境の保全や、環境をそこなわずに資源を持続的に利用する、いわゆる「里海」の再生をテーマとして、瀬戸内海をフィールドとした野生生物や海洋環境の調査研究を行います。

このコースで学ぶ内容は?

3年次には、瀬戸内海に代表される、古代からわたしたちに海の恵みをもたらしてきた沿岸域や内湾の環境と生態系の特性、そこに棲む海洋生物の種類および行動・生態とその調査方法や保全方法、沿岸域の汚染や環境破壊の問題、さらには沿岸域で行ってきた漁業とその変遷、現状などについて学びます。4年次には、卒業研究と並行して、生物と環境との関わりについてさらに深く学び、沿岸域の環境と生態系を保全・再生してそこから持続的に生物資源を利用するにはどのようにすればよいかを考えていきます。

特徴的な卒業研究は?

バイオロギングを用いたクロダイ、オオミズナギドリなどの行動生態の解明
適正な資源管理にもとづく瀬戸内海沿岸のアサリ資源の再生
瀬戸内海の藻場を構成する海藻種および生態系における役割の解明
芦田川河口域の環境修復を目指した環境・生物のモニタリング調査 など

関連する資格は?

生物分類技能検定3級・4級、環境測定分析士3級

予想される進路は?

環境関連企業、生物調査関連企業

3. アクアリウム科学コース

水槽中で魚やサンゴなどの海洋生物を飼育し繁殖させる技術の確立を目指すとともに、生物の生態と生息環境の理解にもとづいた科学的な展示方法について考えていきます。

このコースで学ぶ内容は?

3年次には、魚類だけでなく、甲殻類や貝類などを含む水生観賞生物の分類や生態的特徴について学び、これらの適切な飼育方法や繁殖技術を習得します。また、水族館での大型施設を伴った生物の飼育管理、博物館での標本の作製や展示方法などについて学びます。4年次には、卒業研究と並行して、実際に水槽や給排水およびろ過設備を管理して、観賞生物の飼育、展示を行います。また、観賞生物の病気の予防、診断、治療法についても学び、健康に注意した飼育管理法を身につけます。

特徴的な卒業研究は?

水生観賞生物の繁殖と餌料生物の培養技術の確立
水族館を活用した教育・啓発を目的とした海洋生物の飼育及び展示手法の研究
ミズクラゲのポリプからクラゲへの世代交代を引き起こす要因の解明 など

関連する資格は?

学芸員(任用資格)、観賞魚飼育管理士、潜水士

予想される進路は?

水族館・博物館、ペット産業

4. 水産食品科学コース

水産食品を中心に広く食品の衛生管理及び製造方法について学ぶとともに、これまであまり利用されてこなかった海洋の生物資源から新たな生理機能をもつ食品を開発することを目指します。

このコースで学ぶ内容は?

3年次には、食品製造における衛生管理や食中毒の問題、加工食品の化学成分や製造過程、食品の生体調節機能や特定保健用食品、食品材料の生産や流通などについて学びます。また学生実験では、食品の衛生試験や細菌の操作法、アレルギーを引き起こす特定原材料の検査法などを身につけます。4年次には、卒業研究と並行して、酵素を産業的に利用するための技術や、遺伝子組み換え食品などについて学びます。

特徴的な卒業研究は?

大量発生するアオサからの機能性オリゴ糖の生成
甲殻類の殻に含まれるキチン分解酵素の探索
海苔に含まれる旨味成分のグルタミン酸の分析 など

関連する資格は?

食品衛生管理者(任用資格)、食品衛生監視員(任用資格)

予想される進路は?

水産関連企業・団体、食品メーカー