生命工学部

Faculty of Life Science and Biotechnology

【生命栄養科学科】健康料理教室を開催しました!

【生命栄養科学科】健康料理教室を開催しました!

10月21日(土)、第4回目の健康料理教室を開催しました。

今年は4名の地域の方が参加してくださいました。

「食」を通じて、地域の皆様の健康増進に貢献することを目標としており、

今回のテーマは、「日本人に足りない栄養素は?」でした。

まず、石井教授より日本人の食生活で不足しがちな栄養素についてのミニ講義がありました。

「何が足りていないと思いますか?」との問いかけに、流石皆さんズバリ言い当てていました!

令和元年国民健康・栄養調査によると、「たんぱく質」「食物繊維」「ビタミン7種」「ミネラル5種」の摂取量が不足しているそうです。

それぞれの栄養素の働きやどれくらい摂取すれば良いのか、どんな食材に多く含まれているのかを学びました。

頷いたり、メモを取ったり、興味深く聞いておられました。

ミニ講義の後は、さっそく調理へ移ります。

学生スタッフの生命栄養科学科2年生の3名も一緒に作りました。

参加者の皆さんの手際の良さに圧倒されながらも、和気あいあいとお話をしながら作っていると、あっという間に完成です。

今回のメニューは、『しめじご飯、白身魚のムニエル  ~ミルクソースがけ~、小松菜とじゃこ浸し、豚汁、濃厚かぼちゃプリン』でした。

秋の食材がふんだんに使われていて、彩りも良く、大満足な1食になりました。

そして、日本人に不足しがちな栄養素もこの1食でたくさん摂ることができます。

中でも特に好評だったのは、『濃厚かぼちゃプリン』です。

かぼちゃの甘味が感じられるプリンに香ばしいカラメルソースが相性抜群でした。

簡単なレシピなので、自宅でも作りたい!という方が多かったです。

お腹いっぱいになり、片付けの後は記念撮影です。

毎年参加くださる皆様、今年新しく参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

とても楽しい会になりました。

スタッフとして参加した学生も、地域の皆様との交流が良い刺激になったと思います。

ぜひ来年度も健康料理教室へのご参加をお待ちしております。

 

生命工学部トップへ戻る