IR室

Office of Institutional Research

福山大学の写真

IR室長からのメッセージ
– IR室について

2018年4月、福山大学にIR(Institutional Research)担当の学長補佐が新たに設けられ、「福山大学IR室規則」も制定されました。これまでもIRという言葉は使用していませんでしたが、大学の教育・研究の質向上や学生支援のため、データを収集・分析し、改善施策を立案して実行・検証を行う、PDCAサイクルに沿った活動は実施していました。但し、これらのデータや分析結果は、本学内に分散する形で各学部・センター・委員会、事務部門等で独自に保管されてきました。 IR室は本学に存在する各種データの把握と収集を行い、全学の意思決定を行う際のデータベースを構築し、一定の権限のもとに構成員が共通の形で利用できるように活動を進めてまいります。
福山大学が地域の大学としての存在感を高め、発展し続けるためには、学長のリーダーシップの下、長期ビジョンやブランディングを推進しなければなりません。IR室の活動がその一助となればと思います。

IR室長(IR担当学長補佐)

平 伸二

業務概要

学長の下にIR室を置き、教育・研究・社会連携・入試及び大学の施設と経営に係る様々なデータ及び情報の収集、管理、分析等を行うことにより、本学の運営及びブランディングに係る戦略的な意思決定、推進、改善を支援するため次の業務を行う。

  • ・学生の学修の動向・成果を把握するため、教育、入試、就職に係る各種データを体系的・経年的に収集・集約し、管理すること
  • ・研究に係るデータを収集・集約し、管理すること
  • ・社会連携(含む高大連携)に係るデータを収集・集約し、管理すること
  • ・福山大学自己点検評価項目にかかるエビデンスを体系的・経年的に収集し、管理すること
  • ・学長等の大学運営の意思決定、推進、改善に資するデータ及び情報の分析に関すること
  • ・学部・学科、委員会等の活動、意思決定に必要なデータ及び情報を依頼に基づき提供すること
  • ・本学ブランディング戦略に資するデータ及び情報の分析、提供に関すること
  • ・その他IR室の目的を達成するために必要な事項

運営体制

IR室(令和元年12月20日現在)

役職名 氏  名 学内指定職
室長 平 伸二 教授
副室長 山本 覚 教授
副室長 金子 邦彦 教授
副室長 吉留 義史 事務局長
教員 片桐 重和 助教(専任)
教員 記谷 康之 助教

IRの諸活動

  • 2018.04 IR室発足
  • 2018.05 データベース運用開始
  • 2018.10 IRニュース創刊号発行
  • 2018.12 データベース利用促進活動実施
  • 2019.01 IRニュース第2号発行
  • 2019.04 IRニュース第3号発行
  • 2019.05 データベースシステム更新
  • 2019.07 IRニュース第4号発行
  • 2019.09 第1回IRer養成学内セミナー開催
  • 2019.10 IRニュース第5号発行
  • 2019.12 第2回IRer養成学内セミナー開催
  • 2020.01 IRニュース第6号発行
  • 2020.07 IRニュース第7号(4月・7月合併号)発行

IRニュース(広報)

スタッフ

お問い合わせ

お問い合わせ先

福山大学IR室

〒729-0292 広島県福山市東村町字三蔵985-1