人間文化学科

Department of Human Culture

教職資格取得支援

人間文化学科では、中学校(国語・社会)、高等学校(国語・地理歴史)の教職資格が取得可能です。卒業後は教職や教育関連の仕事につく学生や、将来は教員になることを目指して大学院進学を目指す学生もいます。学科には、教職関連の書籍もあり、不明な点は同じフロアにいる教員に質問できるなど、学習環境も整っています。また、学科での取り組みも含め、以下のようなサポートも行っています。

模擬授業(教育実習の事前指導)

人間文化学科では、中学校や高等学校へ実習に行く予定の学生(4年生)による模「擬授業発表会」を行っています。教員の指導のもと、事前に指導案や教材を用意して臨みます。発表会には教職を目指している後輩たちも参加し、将来の教育実習へ向けて勉強をします。 模擬授業中は学生たちも真剣そのもの。生徒役を買って出てくれる仲間のお陰で、実際の授業のように進めることができます。その後は、教員や学生からさまざまな意見をもらい、きたる教育実習での課題とします。

教職フォーラム

学科独自の取り組みではありませんが、教職を目指す人間文化学科の学生たちのモチベーションを高めてくれるのが「教職フォーラム」です。このフォーラムは、大学教育センターと教職課程員会が共同で開催しています。中学校や高等学校の教職経験のある本学のスタッフが、将来教職につこうと考えている学生に対して、教師の仕事や教師の資質について語り、学生と対話をする場です。また、現場で教鞭を執っている先生たちも登壇し、教職の魅力について伝えてくれます。
人間文化学科