キャンパス見学会(8月23日)



国際経済学科イベント

定員:午前・午後それぞれ30名(保護者含む)

模擬講義「中南米地域の経済成長と高齢化」

21世紀に入ってからの中南米諸国の急速な近代化と経済成長の裏面には、急速な高齢化の進行があります。この二つの事態には強い結び付きがあることが指摘されており、中南米地域の経済成長に人口動態が与えるプラスとマイナスのインパクトについて考えてみたいと思います。


「トビタテ!留学JAPAN報告―アメリカのリビルディング事情と福山でのチャレンジー」

トビタテ!留学JAPAN福山地域人材コース第2期生としてアメリカのサンフランシスコに留学しました。アメリカにおける建築物のリノベーションを学ぶとともに、Rebuilding Togetherという団体で住宅リノベ―ションボランティアを体験しました。この経験を生かして、福山の新しいまちづくりを考えたいと思います。


「卒業生×大学生対談―SDGsについて考えようー」

国連は2015年にSDGs(Sustainable Development Goals)17項目を2030年までに達成する目標を定めました。アフリカケニア出身の国際経済学科卒業生Eric Munene氏と国際経済学科3年生2名が、SDGsについて対談形式で考えます。