キャンパス見学会(7月17日)



生物工学科イベント

定員:午前・午後それぞれ40名(保護者含む)

【学科紹介】 分子の世界から地球環境まで:時代を拓くバイオテクノロジー

バイオテクノロジーは分子の世界から生態系・地球環境の世界まであらゆる生命の仕組みを明らかにする手法として用いられ、そしてその研究成果は、食料問題、健康問題、エネルギー問題、環境問題、地方創生など多様な課題の解決のために利用されています。PCRやSDGsなど時代を読み解くために欠かすことのできない分野です。人と自然との共生のために私たちができることをお話しします。


【模擬講義・デモ実験】 ゲノムが切り開く哺乳類の進化と生態・DNA実験

PCR、サンガー法、次世代シークエンス技術とDNAを分析する手法はすさまじい進歩を遂げており、生物の進化や退化、そして生態や行動をゲノムの視点で明らかにすることのできる時代になりました。ゲノムを用いた最新の進化生物学・生態学を紹介すると共に簡単なDNA実験を体験してもらいます。


【在学生との交流と施設見学】 学生たちはどんな機器を使ってどんなことを学んでいるのでしょう?

教員に聞けないあれこれを学生に聞いてみましょう。講義や実習のこと、研究のこと、そして将来のこと、気軽に話せます。化学成分を分析したり、DNAを分析したり、微生物を培養したり、ワインを造ったり、バイオテクノロジーに関係する実験設備を案内します。