大学教育センター

FUKUYAMA UNIVERSITY Education center

第2回フクトーーク はじめます!!

第2回フクトーーク はじめます!!

こんにちは。学長室ブログメンバーのWです。

昨年度(2012年度)からはじまった「フクトーーク」を今年度も開催します!! 参加者募集中!!

第1回フクトーーク(2012年2月15日開催)では、36名の参加者で「新しい授業をみんなでつくろう」というテーマのもと、ディスカッションしました。
就職活動を対象にした科目の必要性、およびコミュニケーション・スキルを上げるためにSGD(スモール・グループ・ディスカッション)を授業で採用するなどの案が挙げられました。

これら議論された内容をもとに、2013年度後期授業科目「キャリアデザイン II」が実施されています。
また、他にも中国からの留学生と日本人学生が、お互いの言語を教え合い学ぶ合う、「日中コミュニケーション」については、現在授業化を検討中です。

このように、まだ始まったばかりの試みですが、みなさんの意見を反映した授業が次々と生まれつつあります。

さて、今回のディスカッションテーマは…

「理想の授業 ーこんな英語の授業を受けてみたいー」

 

大学の講義は、自分で考え、自分で学ぶ方法・態度を養う場です。

「英語」しかも「授業」と聞くと耳をふさぎたくなる人もいると思いますが、そんな英語嫌いな人、これまでの授業では物足りないと感じている人、これまでとは一味違う、自分が思い描く理想の授業をみんなで語り合ってみませんか?

「こんな英語の授業を受けてみたい」「こんな授業があったらなぁ」というアイデアを持っている人、大歓迎です。

開催日: 2月17日(月)13:00 〜 14:40

開催場所: 大学会館3階 ICT教室「CLAFT」
(http://www.fukuyama-u.ac.jp/UEcenter/htmls/kaikan/kaikan_index.html)

現在、参加希望者を募集中です。

申込期限は1月30日(木)17時となっています。

みなさんの参加をお待ちしてます!!

 

去年同様、みなさんが出してくれたアイデアが、きっと形になりますよ!

学長から一言:大学の授業というとかつては、「教員が教えたいことを、教えたいやり方で教える」、という感じが強かったのですが、現在では、「学生の学ぶべきことを、学べるやり方で教え、学生が確かにそれを学んだとき初めて『教えた』と言える」、という方向に変えようとしています。。。それを成功させるためには学生の皆さんの知恵も不可欠ですので、ぜひ「フクトーーク」への積極的な参加を!!