経済学部

Faculty of Economics

【国際経済学科】マングローブの植樹ボランティア

【国際経済学科】マングローブの植樹ボランティア

国際経済学科では、8月28日~9月8日まで、16名の学生がインドネシアバリ島研修に参加しました。今年のバリ島研修では、伝統文化体験や見学、マハサラスワティ大学との交流、現地住民や学生との交流、ホームビジット、バリ島の社会と文化に関する講義、ウミガメの放流ボランティア、マングローブの植樹ボランティアなど様々な活動を行いましたが、今回はマングローブの植樹ボランティアで、国際経済学科3年生の杉原さんが行ったスピーチを紹介します。ちなみに、バリ島研修の詳細は次の学長室ブログで確認できます。

 

国際経済学科3年生の杉原さんのスピーチ

https://fukuyamauniv-my.sharepoint.com/personal/f91217_fukuyama-u_ac_jp/_layouts/15/stream.aspx?id=%2Fpersonal%2Ff91217_fukuyama-u_ac_jp%2FDocuments%2F%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E7%A7%91.mp4&ga=1

 

【国際経済学科】3年ぶりのインドネシアバリ島研修に行ってきました!

https://www.fukuyama-u.ac.jp/blog/73716/

 

 

インドネシアは世界最大のマングローブ生息地です

福山大学では、「グリーン&ブルー宣言」という環境宣言を行い、カーボンニュートラル教育に関する取り組みも行っています。マングローブ林は炭素を蓄える重要な役割を果たしており、環境破壊の現状を自分たちの肌で感じることで、今後自分たちにできることは何か?を考える機会になったようです。

 

経済学部トップへ戻る