経済学部

Faculty of Economics

「尾道オンライン・バーチャルツアー」で国際交流!

「尾道オンライン・バーチャルツアー」で国際交流!

国際経済学科の足立です。足立ゼミでは、3年生が毎年宮島やしまなみ海道で外国人観光客に対してアンケート調査を実施し、広島県のインバウンド・ツーリズムについて学修しています。しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、インバウンドはほぼゼロとなっていますので、ゼミメンバー全員が元気を持て余しているところでした。

そこで、7月9日木曜日に、経済学部の協定校であるインドネシアバリ島のマハサラスワティ大学の日本語学科の学生たちにオンラインで尾道を観光案内しました。

当日はあいにくの小雨でしたが、インドネシアの学生が10名参加してくれました。昨年のバリ島研修でゼミの学生と仲良くなった学生も参加してくれたので、再会を懐かしがったり、いろいろトラブルもあったりの珍道中でした。

おのみちU2でのクイズからスタートしました

尾道駅を10時に出発し、おのみちU2→海岸通り→住吉神社→尾道市役所→千光寺ロープウエイ→文学のこみちを巡る約2時間弱のコースです。バリ島には電車が走っていないので、駅も電車も珍しそうでした。

ところどころでインドネシアの学生にクイズを出して答えてもらいました。また、神社やお寺では正しい参拝の仕方をデモンストレーション(これは私が)しました。

観光客からエサをもらいすぎて巨大化した金魚

歩いている最中にインドネシアの学生から想定外の質問もたくさんありましたが、モノの値段が気になるようです。尾道デニムプロジェクトでは、なぜ漁師さんがはいて汚れたジーンズが、大学教授のはいたきれいなジーンズより高いのか、理解に苦しむようです。

ゼミ生もジーンズの値段にびっくりです

特に千光寺ロープウエイから望む尾道水道の風景には、みな感激してくれました。はじめての試みでしたが、バリの学生に楽しんでもらえたと思います。次回は英語学科の学生に対して、英語で観光案内をしたいと思います。次は鞆の浦あたりがいいでしょうか。

天気が良ければ最高のパノラマビューです

とにかく、コロナで行動が制限される中、何ができるのかを考えてみると、意外と新しいアイデアが浮かんできます。オンラインバーチャルツアー自体は珍しくなくなっていますが、学生たちは自分たちで行動することが大事なことだと改めて学んだようです。これまでできなかったバリ島の友人たちに地元を観光案内するということが、コロナだからはじめてできたと思います。

毎年恒例のバリ島研修も今年は実施できそうにありませんが、オンラインならできそうな気がしてきました。コロナは外国を遠くしているように思えますが、実はオンライン国際交流は、心の距離をぐっと近くしてくれます。

経済学部トップへ戻る