社会連携センター
(オンライン研究成果発表会)

Research Center for Social Collaboration

社会連携センターpic

メニュー

以下のボタンをクリックすると、詳細を確認いただけます。

アンケート

アンケートにご回答をお願いします。

参加者一覧

タイトルをクリックすると、内容をご確認いただけます。(詳細は準備中です)

各テーマの概要は、こちら(研究成果発表集)でご覧いただけます。

会  期:9月13日(月)9:00~20日(月)20:00

参加方法:登録の必要はなく、自由に何度でも閲覧できます。

発表形式:下記の項目がありますが、発表者により異なります。

     1.ビデオ発表(YouTube)

     2.研究成果概要の関係論文・その他研究情報

     3.交流会:発表者が指定した時間にZoomにて実施

■経済学部

No. 発 表 者 所 属 タ イ ト ル 備 考
001 中村 和裕 講師 経済学科 地方自治体が実施するスポーツ事業創出における参加者の満足度に関する定性調査
002 田中 征史 講師 経済学科 Technical Change Causes Underemployment (技術革新に伴う不完全雇用に関する理論分析)
003 早川 達二 教授 国際経済学科 World Bank Made in China? A Note on the Status of the Asian Infrastructure Investment Bank (中国製の世界銀行? アジアインフラ投資銀行の現状についての一考察)
004 白 映旻 講師 国際経済学科 Does GVC participation improve firm productivity? : A study of three developing countries (企業のGVC参加は企業の生産性を向上させるのか? -開発途上国3カ国に関する研究-)
005 呉 青姫 講師 国際経済学科 中国農村地域における医療保険とリスクシェアリング Medical Insurance and Risk Sharing System in Rural China
006 大城 朝子 講師 税務会計学科 グローバル企業の経営理念 -備後企業との比較分析-

■人間文化学部

No. 発 表 者 所 属 タ イ ト ル 備 考
007 青木 美保 教授 人間文化学科 井伏文学を育んだ備後の文化 -高田類三と高田鋳造所- ※
008 枝廣 和憲 准教授 心理学科 学校規模ポジティブ行動支援 (SWPBS) が教員に及ぼす影響
009 金平 希 講師 心理学科 母子相互作用場面における情緒応答性の様相 -定型発達児とその母親について-
010 中嶋 健明 教授 メディア・映像学科 鞆の浦CG復元 CG制作のための古民家調査 ※

■工学部

No. 発 表 者 所 属 タ イ ト ル 備 考
011 香川 直己 教授 スマートシステム学科 移動型光センサーネットワークのための光軸自動追尾装置の高精度化
012 香川 直己 教授 スマートシステム学科 特徴量抽出を用いた大気中二酸化炭素の濃度変動と気象現象との関連性の検討
013 田中 聡 准教授 スマートシステム学科 海底カメラシステムの姿勢検出システムについて ※>/a>
014 関田 隆一 准教授 スマートシステム学科 地域交通自動化での事故0に資する自動車旅客輸送業の事故情報定量解析 (第2報)
015 沖 俊任 准教授 スマートシステム学科 最小二乗法によるデータ駆動型制御器チューニング法の基礎的研究
016 沖 俊任 准教授 スマートシステム学科 浅海域における生態系観察を目的とした海底移動型ROVの開発 ※
017 伍賀 正典 准教授 スマートシステム学科 全方位視覚カメラを用いた環境計測デバイスの開発 ~SALLYプロジェクト~
018 伍賀 正典 准教授 スマートシステム学科 実機ロボティックスワームの性能強化に向けたセンサ統融合に関する研究
019 梅國 章 教授 建築学科 建築生産におけるモデュール化に関する研究 -モデュール化研究とアーキテクチャー研究の比較-
020 田辺 和康 教授 建築学科 製鋼スラグとフルボ酸鉄改良材を用いた海洋牧場基盤の創造
021 都祭 弘幸 教授 建築学科 集成材を芯材としたハイブリッドRC柱の圧縮特性に関する解析的検討
022 伊澤 康一 准教授 建築学科 室内熱環境における「温度想像力」養成に関する研究 ~福山における冬季・春季調査~
023 山之上 卓 教授 情報工学科 Wiki と Raspberry Pi と無線センサネットワークを使ったIoT
024 山之上 卓 教授 情報工学科 インターネットと連携した着る電光掲示板
025 中道 上 教授 情報工学科 図書案内のためのスポットライト型ポインティングシステム -ポインティング技術の開発と応用-
026 宮崎 光二 准教授 情報工学科 ラフ集合のルール抽出結果による属性間因果関係の推定
027 内田 博志 教授 機械システム工学科 海中探査のための水中ロボットシステムの研究 ※
028 内田 博志 教授 機械システム工学科 折紙工学を応用した人親和型ロボットの研究
029 木村 純壮 教授 機械システム工学科 DCサーボモータシステムの低電力最適制御 -制御系調整の一方法-
030 真鍋 圭司 教授 機械システム工学科 シュレディンガー方程式の有限要素法による固有値解析
031 坂口 勝次 教授 機械システム工学科 太陽光発電と太陽熱利用のハイブリッドに関する研究 -PV/Tモジュールの伝熱計算-
032 関根 康史 准教授 機械システム工学科 幹線道路に並行する生活道路の安全性低下と渋滞の関係についての分析
033 小林 正明 講師 機械システム工学科 超小型モビリティの開発

■生命工学部

No. 発 表 者 所 属 タ イ ト ル 備 考
034 岩本 博行 教授 生物工学科 キトサンナノファイバーを用いた米ぬかからのフィチン酸の効率的な回収
035 吉﨑 隆之 准教授 生物工学科 赤色色素分泌能を有するSaccharomyces cerevisiae NYR20株のワイン醸造への応用
036 吉田 純子 准教授 生命栄養科学科 若年女性における骨密度に及ぼすBMIと学童期からの食事と運動の影響
037 山本 沙也加 助手 生命栄養科学科 プリシード・プロシードモデルを活用した中学生の食課題の分析
038 倉掛 昌裕 教授 海洋生物科学科 酵素の糖転移作用によるオリゴ糖の合成
039 太田 健吾 教授 海洋生物科学科 食品添加物を用いる魚類の新しい標識技術の開発

■薬学部

No. 発 表 者 所 属 タ イ ト ル 備 考
040 高根 浩 教授 薬学科 薬剤耐性菌削減を目的とした抗菌薬適正使用推進に資する地域サーベイランスシステム構築の研究
041 山下 純 准教授 薬学科 一般用医薬品添付文書の理解度改善を目指し開発したピクトグラムの効果 (その2)
042 半田(永塚)由佳 助教 薬学科 多様化するカンジダ症原因菌における病原因子の探索と薬剤感受性 ~種多様性解析と臨床微生物学の融合~
043 山口 史明 非常勤助手 薬学科 リソソーム膜タンパク質のアイソフォーム2種 (LAMP-2A, LAMP-2C) の細胞内局在についての比較研究
044 田中 優太 非常勤助手 薬学科 虚血再灌流障害に対する低体温誘導SUMO化修飾による血液脳関門保護の分子機構解明

■研究センター等

No. 発 表 者 所 属 タ イ ト ル 備 考
045 青木 美保 教授
張 楓 教授
備後圏域経済・文化研究センター 備後圏域経済・文化研究センターの活動 その1 活動紹介 準備中
046 青木 美保 教授
張 楓 教授
備後圏域経済・文化研究センター 備後圏域経済・文化研究センターの活動 その2 創設記念行事 「コロナ後の地域社会を考える」 準備中
047 仲嶋 一  教授 安全安心防災教育研究センター 安全安心防災教育研究センター概要
048 仲嶋 一 教授 安全安心防災教育研究センター 福山大学ブランド研究 瀬戸内の海中探査プロジェクト ※
049 伊澤 康一 准教授 安全安心防災教育研究センター 養殖水槽におけるシロギス成長と温度・照度の関係 -瀬戸内里海の次世代養殖システムの開発研究- ※
050 香川 直己 教授
山之上 卓 教授
金子 邦彦 教授
森田 翔太 講師
安全安心防災教育研究センター 里山の災害対策のためのIoTシステムに関する研究 ※
051 佐藤 圭一 教授 安全安心防災教育研究センター 「地域遺産」の理念構築とその保全・継承に関する研究 -松永塩田と備後柿渋を中心事例として- ※
052 津田 将行 講師 安全安心防災教育研究センター 芦田川下流試験域におけるUAV空撮による河床変動に関する調査・解析
053 佐藤 淳 教授 グリーンサイエンス研究センター 瀬戸内海の島をモデルに環境DNA分析で森海連環を実証する ※
054 松岡 浩史 准教授 グリーンサイエンス研究センター 動脈硬化抑制に関わる核内受容体の標的遺伝子の探索と創薬応用 ※
055 有瀧 真人 教授 内海生物資源研究所 飼育したシロギスの発育と成長 ※
056 劉 国彬 准教授 大学教育センター 大学の外国語教育の課題
057 中村 雅樹 助教 社会連携センター 社会連携センターの紹介

※ 福山大学ブランド研究「瀬戸内の里山・里海学」関連テーマ

オンライン研究成果発表会のメインページへ戻る