社会連携センター
(オンライン研究成果発表会)

Research Center for Social Collaboration

社会連携センターpic

2021年度研究成果発表会学長あいさつ

 福山大学研究成果発表会は、2015年度からスタートし、2019年度まで対面形式で実施してきました。2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。今回で第6回目となる2021年度の研究成果発表会は、初めてオンラインで実施いたします。
 2019年度までの研究成果発表会は、30分程度の特別講演2題(ひろぎん経済研究所様と本学教員)と約1時間半の本学教員ポスターセッション、という2部制でした。しかし、今回のオンライン研究成果報告会は、初めての試みということもあり、本学教員の発表だけとなっています。
 本学は今年4月、シンボル的新校舎の未来創造館をオープンしました。この未来創造館は、地域を想い、地域に愛され、地域から国際社会につながる”未来創造人”の育成拠点となることを目指しています。今回の研究発表会は、“未来創造”という壮大なテーマに対して、学内外の“人”と本学教員の“教育・研究”が絡み合うことを願ってキャッチフレーズを「未来創造×人×教育・研究」としました。
 今回の研究成果発表会では、5学部14学科および5センター・1研究所から計57題の発表があります。備後圏域唯一の総合大学として多岐にわたる分野の研究成果となっています。それらの概要は研究成果報告集に掲載されていますので、ご興味のある題目に関してオンライン研究成果発表をお楽しみ頂ければ幸いです。
 本研究成果発表会に、福山市や広島県をはじめ多くの市町や商工会議所、あるいは備後地域地場産振興センター等々が共催あるいは後援としてご参加いただいておりますこと、心から感謝申し上げます。
 世の中では「地方創生」の掛け声の下、東京一極集中是正の観点から、中央省庁や研究・研修機関などの地方移転が検討されるとともに、地方における安定した雇用の創出や、地方への人口流入を促し、時代に合った地域づくりを通じて、安心な暮らしを守りつつ、地域の活性化を図ることが求められています。翻って、本学が置かれたこの備後地域に目を向けると、豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、数多くの歴史的・文化的な遺産や価値ある伝統を有し、福山市を中心に、世界に伍して戦えるオンリーワン、ナンバーワン企業がひしめいています。福山大学としましては、こうした地域との協力の中で、地方創生に向けて一翼を担うことが使命であると考えており、この度の研究成果発表会もその一環と捉えています。
 この催しが備後地域の産学官連携の新たな接点を生み出す機会となることを祈念しまして、私の挨拶といたします。

福山大学長 大塚 豊

メニュー

以下のボタンをクリックすると、詳細を確認いただけます。

開催期間

会  期:9月13日(月)9:00~20日(月)20:00

参加方法:登録の必要はなく、自由に何度でも閲覧できます。

発表形式:下記の項目がありますが、発表者により異なります。

     1.ビデオ発表(YouTube)

     2.研究成果概要の関係論文・その他研究情報

     3.交流会:発表者が指定した時間にZoomにて実施

共催・後援

主 催:

福山大学社会連携センター

共 催:

福山市株式会社 広島銀行一般財団法人 備後地域地場産業振興センター, ビジネス交流会:福山未来(バイオビジネス交流会,スマートビジネス研究会)

後 援:

広島県備後圏域連携協議会(三原市,尾道市,福山市,府中市,世羅町,神石高原町,笠岡市,井原市)福山商工会議所府中商工会議所三原商工会議所尾道商工会議所笠岡商工会議所井原商工会議所福山北商工会福山あしな商工会, 沼隈内海商工会, 神辺町商工会世羅町商工会神石高原商工会公益財団法人 ひろしま産業振興機構