薬学部

Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬学生が日本循環薬理学会・高血圧関連疾患モデル学会の合同学会で高得点演題賞を受賞!

薬学生が日本循環薬理学会・高血圧関連疾患モデル学会の合同学会で高得点演題賞を受賞!

11月29(金)・30日(土)に香川県高松市で行われた「第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会」の合同学会において、薬学部6年生の德永吏紀さんが「高得点演題賞」を受賞しました。共同研究者(道原教授、松岡講師、志摩助手)と鶴田学部長の4人で松田学長に受賞報告に行ってきました。
 
この合同学会の参加者の多くは、医師や医学部の大学院生であり、学部生の参加者は非常に稀です。そんな中、德永さんの演題が口頭発表・ポスター発表、一般研究者・大学院生を問わず、すべての演題から選ばれる「高得点演題賞」に選出されました。
 
今回、德永さんは「初期応答転写因子1はメバロン酸二リン酸脱炭酸酵素の転写を抑制し脳卒中易発症ラットにおける血清コレステロールを低下させる」という内容で口頭発表を行いました。
 

德永さんの地元、香川での発表です!

授賞式・親睦会は貸し切り電車(日本最古の電車)で行われました!

高血圧関連疾患モデル学会の理事長、家森幸男先生より表彰状の授与!

この受賞の喜びをもって、松田学長を訪問しました!

和やかな雰囲気で談笑!

左から、道原教授、松岡講師、松田学長、德永さん、志摩助手、鶴田薬学部長

德永さん、本当におめでとうございます。
 
詳細については、『学長室ブログ:【薬学部】日本循環薬理学会・高血圧関連疾患モデル学会の合同学会において高得点演題賞を受賞!』をご覧ください(https://www.fukuyama-u.ac.jp/blog/28885/)。
 
 

(薬学部M)


福山大学薬学部の教員・研究室の活動内容については、 【教員紹介】 をご覧ください。

薬学部トップへ戻る