経済学部

Faculty of Economics

経済学科

櫻木 規美子(さくらぎ きみこ)

職 名 助教
学 位 修士(体育学)
専門分野 スポーツ情報分析
担当科目 スポーツ理論Ⅰ、スポーツ統計学
メッセージ さまざまな場面で多様性が求められる現代社会の中で、いろんな角度からスポーツについて考えていきたいと思います。スポーツへのの関心が高い今、しっかり考えていきましょう。

バスケットボールの速攻に影響を与えるプレイおよび状況-第16回FIBA女子バスケットボール世界選手権大会での日本チームの速攻を対象に-

バスケットボールのオフェンスはプレイや状況が互いに影響しあって成り立っています。そのオフェンス(速攻)が成功するかどうかをシュートの成否を基準とし、ディフェンスやオフェンスの人数などの状況やパスやシュートの方法などのプレイの種類から18項目を挙げ、それぞれの関連性を検討しました。

体験学習法を用いた大学教育が大学生の社会人基礎力に与える影響に関する研究: アドベンチャープログラムと大学体育授業を経験した学生の比較

体験学習とは体験をベースとした学習法で、体験の中から学びに気づき現実社会へのブリッジングを図ることで実践知を形成することができると考えられています。アドベンチャープログラムはグループで冒険的な活動にとり組む体験を通して行うもので、最近ではチームづくりを学ぶために活用されています。スポーツ活動とアドベンチャープログラムを体験学習と捉え、それぞれが社会人基礎力の育成に与える影響について検討しました。