スマートフォン用タイトル画像

学生課 > 学生課からのお知らせ > 奨学金制度

学生課からのお知らせ
Information from Student Affairs Division

奨学金制度

福山大学奨学制度

本学では、在学(長期履修制度選択者及び外国人留学生を除く)し、学業成績優秀、品行方正であり、他の学生の模範となると認められる者に奨学金を授与して積極的にその育成に資することを目的とした独自の奨学制度を設けています。

特別奨学生A・B・C採用実績

■特別奨学生A

〔奨学金額〕

入学年次の授業料について、50%を減免するとともに正規の修業年限の間、継続して適用します。ただし、2年次以降において各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限ります。

〔備考〕

特別奨学生Aは、推薦入学試験(A日程・B日程)、一般入学試験(前期A日程・B日程、後期)、大学入試センター試験利用入学試験(前期・後期)の合格者で、入学試験の成績優秀者(一般入試(前期A日程)から約100名、その他の入試は若干名)として入学する者です。

〔採用実績〕

  平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
経済学部 14名 15名 14名 19名 34名 31名 28名
人間文化学部 13名 13名 17名 17名 21名 23名 23名
工学部 18名 25名 21名 35名 40名 23名 33名
生命工学部 45名 51名 41名 61名 61名 56名 45名
薬学部 101名 131名 123名 107名 99名 104名 101名
191名 235名 216名 239名 255名 237名 230名

■特別奨学生B

〔奨学金額〕

入学年次の授業料について、薬学部においては30%を、その他の学部においては40%をそれぞれ減免するとともに正規の修業年限の間、継続して適用します。ただし、2年次以降において各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限ります。

〔備考〕

指定校入学試験の合格者のうち、高等学校・中等教育学校に通知する評定平均値を上回る者です。

〔採用実績〕

平成24年度は114名、平成25年度は141名、平成26年度は124名、平成27年度は135名、平成28年度は148名、平成29年度は145名、平成30年度は155名を採用しました。


■特別奨学生C

〔奨学金額〕

入学年次の授業料について、50%を減免するとともに正規の修業年限の間、継続して適用します。ただし、2年次以降において各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限ります。

〔備考〕

経済学部国際経済学科の指定校入学試験(グローバル人材強化)及び税務会計学科の指定校入学試験(会計・経営人材強化)の合格者です。

〔採用実績〕

平成28年度は2名、平成29年度は5名、平成30年度は6名を採用しました。


■一般奨学生

〔奨学金額〕

当該年度の授業料のうち、薬学部においては50万円を、その他の学部においては30万円を免除します。

〔備考〕

本学に入学後、2年次以上における前年度(薬学部6年次の選考については、1年次から5年次までの5年間)の学業成績優秀な者のうち、福山大学奨学生選考部会で毎年若干名を選考します。


■大学院奨学生

〔奨学金額〕

○修士・博士前期・博士(4年生)課程
 1年次は、当該年度の授業料の70%を免除します。2年次以降は、当該年度の授業料の30%を免除します。

○博士・博士後期課程
 当該年度の30%を免除します。

〔備考〕

学校法人福山大学大学院奨学生制度に基づき、大学院に在学し、学業成績優秀、品行方正、かつ身体強健な者のうち、大学院委員会で毎年若干名を選考します。ただし、期間は1年間とし、更新することができます。


日本学生支援機構(旧日本育英会奨学金)奨学金制度

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)による奨学制度は、人物・学業ともに優秀でありながら、経済的理由により修学が困難な学生に対し貸与される奨学金です。大学卒業後(奨学金貸与終了後)は返還義務が生じ、あなた自身が返還していきます。返還金は日本学生支援機構の奨学金を利用する後輩の奨学金として再び活用されていきます。

■大学第一種奨学生

〔奨学金額〕

【選択型】
○自宅通学者(月額) 30,000円、54,000円
○自宅外通学者(月額)30,000円、54,000円、64,000円

〔備考〕

高等学校・中等教育学校における学習成績概評が3.5以上の者で、家計における総所得が日本学生支援機構の示す基準以下の者から選考します。


■大学第二種奨学生

〔奨学金額〕

月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類から選択し、貸与期間中の必要に応じて貸与月額を変更可能です。(薬学部は20,000円の増額も可)

〔備考〕

高等学校・中等教育学校における学習成績概評が平均水準以上の者で、家計における総所得が日本学生支援機構の示す基準以下の者から選考します。


■大学院奨学生

〔奨学金額〕

【第一種/選択型】
○修士・博士前期課程 月額50,000円、88,000円
○博士後期・博士課程 月額80,000円、122,000円

【第二種/選択型】
 50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円の5種類から選択てきます。

〔備考〕

大学・大学院における成績や、入学試験の成績及び日本学生支援機構の示す収入基準額を参考にして選考します。


その他の奨学金制度

地方自治体(府県市町村)や財団・企業による奨学金制度もあります。

・福山市奨学金 ・三次市奨学金 ・北九州市奨学金 ・岡山市奨学金
・岐阜県奨学金 ・大阪府育英会 ・島根県育英会 ・あしなが育英会
・財団法人山口県ひとづくり財団奨学センター奨学金
・財団法人松永育英奨学会 ・財団法人朝鮮奨学会
・財団法人交通遺児育英会 ・鹿児島県育英財団
・財団法人古川技術振興財団 ・財団法人中村積善会  他

これらの奨学金は、大学から申込む場合と、個人で申込む場合があります。希望する場合は学生課で取扱いの確認をし、個人申請の場合は、各都道府県市区町村教育委員会等にお問い合わせください。

 

公益財団法人 熊平奨学文化財団

1.出願資格
  ・2018年3月現在,広島県内の理工系の大学・大学院生
  (4月1日より他大学へ転籍する者は除く。)
  ・優秀な学力と穏健な性格を持ち,心身共に健全な者
  ・親の年収が850万円以下であること。
  ・他の返済義務のない奨学金との併給は不可。

 2.奨学金の支給
  ・奨学金の種類・・・給与
  ・支給月額  ・・・50,000円
  ・支給期間  ・・・2018年4月から2019年3月まで
  ・支給方法  ・・・採用決定後本人に連絡あり。

 3.学内申込期限
   平成30年2月17日(金)17:00まで 

公益財団法人 八幡記念育英奨学会

1.出願資格
 ・日本の国籍を有し、広島県内の大学又は大学院に在学する者
 ・学業・人物ともに優秀であり健康であって学資支弁が困難と認められる者
 ・他の奨学金(名目・金額の如何を問わず。貸与奨学金を含む。)を受けていない者
 ・【学部】2018年3月現在大学1学年として在籍し4月から2学年となる者
  【大学院】2018年4月から大学院(修士課程もしくは博士前期課程)1学年として入学する者

2.奨学金の額・期間等
 ・給与月額・・・学部 月額 80,000円
         大学院 月額 100,000円
 ・給与期間・・・2018年4月から正規の最短修業
  期間終了まで

3.学内申込期限
  平成30年3月17日(土)12:00まで 

公益財団法人 小松育英会

1.出願資格
 ・本学に在学する満25歳未満の2年生以上の日本人学生(除薬学部)
 ・入学後取得した単位の学業成績平均値(GPA)が3.2以上であること
 ・人物、学業ともに優秀で、経済的援助が必要と認められる者であること
 ・他の育英奨学団体から給付型奨学金を受けていないこと

2.奨学金の給付
 ・支給月額・・・30,000円
 ・支給期間・・・12ヶ月(4月~翌年3月まで)

3.学内申込期限
  *必ず大学を通じて推薦応募となります。
  平成30年4月7日(土)12:00まで 

福山市奨学生募集


公益信託 松尾金藏記念奨学基金

1.出願資格
 ・(平成30年4月現在において)本学大学院人間科学研究科
  心理臨床学専攻1年生(留学生を除く)
 ・家族の生計を支える者の前年度年収,又は本年度見込が原則
  800万円(税込総収入)以下とする。
 ・原則として他の奨学金(日本学生支援機構等の貸与型も含む)を受給していない者。
 ・品行方正,健康で学業成績が優秀な者。
 ・年齢(平成30年4月1日現在)が30歳以下の者。
2.奨学金等
 ・給付金額・・・1,000,000円
 ・給付期間・・・原則1~2年(最短修業年限)
 ・給付方法・・・原則6月及び11月の一定日に各6か月分を奨学生の届けた銀行口座へ振り込み。
3.応募人数・・・本学から1名
4.学内申込期限
  平成30年4月7日(土)12:00まで 


PAGE TOP