スマートフォン用タイトル画像

スマートシステム学科 > スマートシステム学科 > 学科名物(2年生:ものづくり加工実習)

スマートシステム学科 スマートシステム学科
Department of Smart System

学科名物(2年生:ものづくり加工実習)

【ワクワク感満載の実習科目】(2017.10.13)


 2年生後期金曜日午後に開講の「ものづくり加工実習」は、フルスクラッチの度胸と力量、そして、楽しさを学ぶ科目であります。
 今年のテーマはライントレースカーの設計製作・・・

フェイスブックも併せてごらんください。


【学科内 盛り上がってきました!】(2017.09.29)


後期授業が始まって1週間。気候は随分と涼しくなりましたが、それとは対照的に学科は熱くなってきました。
作業室では、2年生が「ものづくり加工実習」を受講中。この科目は、各人がそれぞれにプロダクトの完成を目指します。機構設計から部品加工製作、電子回路設計から回路実装と、・・・

フェイスブックも併せてごらんください。

【横井一仁先生の講義が学長室ブログの記事になりました】(2017.07.24)

 こちらのFBでもご紹介しました横井一仁先生の講義(https://www.facebook.com/FUSmartSystem/posts/679731048902511)の様子が、学長室ブログの記事になりました。

学長室ブログはこちら。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【スマートシステム概論 横井一仁先生の集中講義!】(2017.07.16)

スマートシステム概論、7月14日(金)の3時限目、5時限目は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)の横井一仁先生の集中講義が行われました。
スマートシステムとは何か? ロボット、センシング、AI etc. 過去から最新技術、そして未来へ。豊富なトピックスと話術で、学生達も忽ちに引き込まれたようです。
横井先生 ありがとうございました!

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【1年生 :理想的な授業になってきた?】(2017.06.22)

 1年生のとある授業の様子。
 課題解決の糸口を見出した一人の学生が説明を始めると、残りの学生たちが我先にと集まってきて傾聴し、真剣に質問を投げかけています。
 自主的にブリーフィングが・・・、オトナの雰囲気でカッコイイです。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【1年生 「電子基礎」:デッドレコニング(自律航法)を考えてみよう!】(2017.06.02)

 1年生配当の「電子基礎」では、自律航法に挑戦しました。センサーに頼らず、決められた半径の円を描いてピタリと一周させるのがミッション。もちろん操縦してはダメです。
 行き当たりばったりでは、なかなかうまくいきません。
 走行ロボットをモデル化して、道理を追いかけて・・・

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【1年生 「電子基礎」 救出ロボット お披露目】(2017.05.03)

ゴールデンウィークに入り、前期授業の1/5が経過しました。
1年生配当の「電子基礎」では第1クールの締めの救出ロボットのお披露目を実施しました。各班の趣向を凝らした構造、機能は・・・

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【学生の底力を感じた「スマート防災システム」】(2017.02.11)

 スマートシステム学科の特徴的な講義の一つに「スマート防災システム」があります。これは、スマートテクノロジーと防災の現状を学び、イノベーティブな融合を提案するというゴールを定めた講義です。
 今年度、初開講の科目であり、デザイン思考の導入とプロダクト評価と言う挑戦もしてみました。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【寄り道は至宝】(2017.02.08)

今、学内は期末試験の真っ最中。そして、来週、2月14日は大学院修士課程電子・電気工学専攻公聴会、翌15日が学科卒業研究発表会と緊張感に溢れています。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【ロボットの脳を学ぶ「エンベディッド実習」】(2017.01.31)

さて、学科の実習科目の一つに「エンベディッド実習Ⅰ・Ⅱ」があります。ロボット等の機器をコントロールする小型のコンピュータの仕組みとプログラミングを学びます。 コピペは一切なしでコツコツと手打ちプログラミングをしたら、やっぱり、動いたときの充実感は違うし、そこはかとなくなんですけど、OSの構成も判ってくるようです。

フェイスブックも合わせてご覧ください

【卒業論文、修士論文の締切目前の研究実験エリア】(2017.01.29)

1月28日(土)23:45。
 論文提出締切まで残り約41時間の研究実験エリアは、静寂の中にエアコンとキーボードの音、そして、時々かすかに聞こえる紙ずれの音と念仏のような独り言を閉じ込め、時の空間を止まることなく滑っています。
 今、〆にしたって不足があるわけではない。
 けど、納得できないのであれば、制限時間いっぱいまでとことんこだわって、ハートに残るものにして欲しい!
 記憶に深く刻みたいのであれば、ここが踏ん張りどころです。

フェイスブックも合わせてご覧ください

【「技術者倫理」と言う科目】(2017.01.28)

 学科の学生が目指している技術者。その人達は専門能力と共に社会的責任を果たす能力が求められます。技術者の社会的責任とは何か?それをしっかりと考えるため、スマートシステム学科は「技術者倫理」という必修科目を1年生に開講しています。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【「大実験」 試験体の「叫び」を計測してみた!】(2017.01.25)

いよいよ大詰めの試験体の破壊試験を行いました。試験体が壊れる瞬間にどんな兆候が現れるのか?やってみました。
 さて解析。特徴的な兆候があるのかデータの見直しです。どんな結果が見つかるでしょうか?ますます盛り上がってきました。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【大実験:学科名物「大実験」が学長室ブログの記事になりました】(2017.01.21)

こちらのFacebookページでも毎週水曜日に進捗をお知らせしています。3年生の「大実験」の現在までが、学長室ブログの記事になりました。
 自画自賛で申しわけございませんが、このダイナミックな企画はスマートシステム学科ならだと思います。こんなに贅沢でワクワクする学生実験はそうそうないと思います。

フェイスブックも合わせてご覧ください。

【講義風景:アクティブラーニング(先生はどこ?)】(2017.1.19)

もし、スマートシステム学科の回路理論Ⅰの講義を覗いたならば、教室に先生の姿が無いことがあるかもしれません。黒板の前でチョーク片手に一生懸命説明しているのは学生・・・。
 それにしても、皆さん、段々と上手になってくるから頼もしいです。


フェイスブックも合わせてご覧ください。


【大実験:ネットワークの確立とデータ取得ができた!】(2017.1.19)

昨日午後は3年生の大実験の3回目。午後1時から8時間(!)の奮闘の末、各班大進撃。無線LANを介した通信の確立、デバイスへのセンサーデータの取り込みが概ねできるようになってきました。

フェイスブックも合わせてご覧ください。


【大実験:本格的に設計製作の開始です】(2017.01.11)

昨年末から始まった3年生の大実験、今週の火曜日10日に第2回目を行いました。今回からいよいよ本格的に設計製作作業の開始です。
 開発するのは「センサーユニット」。小型マイク、超音波センサーを検出デバイスにして、インターフェイス回路の設計製作、ホストデバイスの設定(Raspberry Pi 3 使うよ!無線化に挑戦だ!!)、ソフトウエアの設計とプログラミング等々、そして、検証とやる事は目白押し!各チーム、のんびりしていたら絶対に間に合わないよ!!マネージメントを疎かにしないように!!!

フェイスブックも合わせてご覧ください。


【学科名物 大実験が始まりました!】(2016.12.20)


2年次から始まった学生実験の最後を飾る、3年次後期の大実験がいよいよ始まりました。
今年は、大型構造物の疲弊の兆候をセンサーIoTで検出しようというミッションで、4週間にわたって行い、福山大学の誇る大型試験装置の活用も視野に入れています。

フェイスブックも合わせてご覧ください。


PAGE TOP