スマートフォン用タイトル画像

研究・産学連携 > 助成金事業・プロジェクト > 自分未来創造室

研究・産学連携 助成金事業・プロジェクト
Grant program projects

自分未来創造室

平成28年度「BINGO OPEN インターンシップ」参加方法


平成28年度「BINGO OPEN インターンシップ」についての詳しい情報は、下のバナーをクリックし「BINGO OPEN インターンシップ 参加方法について」ページを確認してください。また、参加希望者は「エントリーシート」と「応募者個人票」を指定の期日までに自分未来創造室まで提出してください。
 



BINGO OPEN インターンシップ



本学では、学生自らが地域の課題を発見し、大学での学びを実践する一つの機会として、本学独自のインターンシッププログラム「BINGO OPEN インターンシップ」を積極的に展開・推進しています。また、平成27年度よりインターンシップを独立した科目として新設し、キャリア教育の専任教員を新規で1名採用するなど、一層充実したインターンシッププログラムの開発と提供を目指しています。
 

インターンシップ参加実績

年度受入企業数(受入可能企業数)参加学生数
201559(87)126
201461(87)104
201339(54)86
201219(23)41
201119(29)36
201022(27)39

 

インターンシップ体験紹介シート(イントロダクションシート)

BINGO OPEN インターンシップの魅力を他の学生に紹介したり、企業や地域の方々に広く知っていただくために、インターンシップを通じて学生が体験したことや学んだことをまとめたイントロダクションシートを作成しています。イントロダクションシートはホームページから閲覧・ダウンロードできるほか、自分未来創造室でも入手することができます。
 

2014年度(計4社)


株式会社キャステム

株式会社フューレック


株式会社日本総合科学

株式会社中国トラベル


 
2013年度(計6社)


株式会社栄工社

カイハラ産業株式会社


常石造船株式会社

野村證券株式会社 福山支店


福山市役所

株式会社ロイヤルコーポレーション

自分未来創造室
(文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改革・充実体制整備事業」)


概要

「将来、社会の中で上手くやっていけるのだろうか?」「社会の役に立つ人間になれるのだろうか?」 社会に巣立つ直前のステージにいる大学生が、昔も今も抱える悩みや不安です。

学生の皆さん、そうではありませんか? それらの悩みや不安を解消するために、力強いサポート体制が立ち上がりました。『自分未来創造室』がそれです。皆さんが産業界のニーズに対応できる人材となるよう、産業界と皆さんとの橋渡しを図っていきます。

が、主役は学生の皆さん自身です。 自ら産業界を知り、体験し、学び、そして自らを対応・向上させて下さい。 自分未来創造室はそのためのお膳立てをし、サポートを惜しみません。 皆さんへのより有効なサポートを図るため、皆さんの声を聞きたいと思いますので、気軽に部屋を訪れてもらうことを歓迎します。

 

7号館2階 07202号室 内線)4322

開室時間:9:00〜17:00(土日祝日は閉室)
 
 

文部科学省「産業界ニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」における採択プログラム

本学は、平成27年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業【テーマB】インターンシップ等の取組拡大」(文部科学省)に採択されました。
 

中国・四国圏域インターンシップ等推進組織運営委員会

名称中国・四国圏域での産官学協働によるインターンシップ等の推進
幹事校島根大学
連携大学福山大学、愛媛大学、島根県立大学、岡山県立大学、尾道市立大学、岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、くらしき作陽大学、広島修道大学、山口東京理科大学、四国大学

PAGE TOP