スマートフォン用タイトル画像

研究・産学連携 > 研究施設・設備 > 安全安心防災教育研究センター

研究・産学連携 研究施設・設備
Research facilities and equipment

安全安心防災教育研究センター

センター外観


概要


安全安心防災教育研究センター(旧構造・材料開発研究センター)設立のきっかけは、阪神・淡路大震災です。誰にも予測できなかった震災は、おびただしい家屋倒壊と火災を目の当たりにさせ、それまでの安穏と営んでいた生活が決して安心できるものではないことを思い知らせました。当センターは地震に対する防災を目的に、土木、建築など構造物の耐震性を構造・材料の分野から研究するだけでなく、その性能評価法や使用する耐震性新機能材料の開発など、耐震性にまつわる総合的な環境を整備しています。構造の研究だけでなく材料や地盤などの多岐に渡る分野を総合的に研究することが出来るこの施設は、国内でもトップクラスの設備として、次世代の耐震構造システム開発と性能設計法推進への期待が寄せられています。
 また、小中学生を対象とした啓蒙的な活動や、誰もが参加できる公開実験・講座などを積極的に開催し、地震防災についての情報を提供しています。


・安全安心防災教育研究センターの詳しい情報はこちら
・旧構造材料開発研究センターのオリジナルサイトはこちら

PAGE TOP