スマートフォン用タイトル画像

研究・産学連携 > 研究施設・設備 > 内海生物資源研究所(マリンバイオセンター)

研究・産学連携 研究施設・設備
Research facilities and equipment

内海生物資源研究所(マリンバイオセンター)

瀬戸内海をモデルに海洋生物資源の育成と活用を推進。



概要



日本は四方を海に囲まれた島国です。古くから私たちは、海から得られる水産物の恵みにより生活を営んできました。日本にとって海はなくてはならない大切な食料資源生産の場でもあるのです。当研究所は平成元年3月に設立され、主に瀬戸内海に生息する魚類を中心に海洋生物の生態や有用資源の管理、増養殖、展示について解明・検討し、海洋生物を「育てる」「守 る」「探る」「利用する」ことを目指しています。平成10年4月に工学部海洋生物工学科が創設されたことに伴い、同学科の臨海キャンパスとして実験棟・講義棟・研究棟が新設されました。その後、平成14年には生命工学部海洋生物工学科、平成20年度には生命工学部海洋生物科学科に名称変更され、水産資源の増養殖系、生物資源の管理・育種系およびアクアリウム科学系の3研究室が本施設を拠点に、有用資源の生態解明や種苗生産、育種、さらには水族館の展示手法およびそれらを利用した社会貢献に関する研究などを行っています。併設された水族館は、見学者に無料で開放されるとともに、学芸員養成のための実習にも活用されています。海洋調査や実習設備としても用いられる実習船(第二爽風丸)も配備され、瀬戸内海の研究にはなくてはならない研究所として位置づけられています。



施設

マリンバイオセンター 水族館


PAGE TOP