スマートフォン用タイトル画像

研究・産学連携 > 研究施設・設備 > 共同利用センター > ICTサービス部門

研究・産学連携 ICTサービス部門
Research facilities and equipment

ICTサービス部門・トップページ

1.福山大学ICTシステム

最先端のICTシステムで学ぶなら福山大学!

多数多彩の施設・設備類,オンラインサービス,全学ソフトウェアのミックスにより,学生の大学での学びを,ICTで大いに支援します.これが,福山大学ICTシステムです.


最新のアナウンス

  • キャビネットKarin(教職員専用システム)は,保守作業のため停止しています.5月10日再稼働の予定です.(2019年3月)

2.情報倫理,情報セキュリティの取り組み

(1)情報セキュリティパンフレット (2)全学セキュリティソフトウエア ESET (3)情報倫理ビデオ (4)学内の情報倫理,情報セキュリティ関係規則

3.新入生諸君へお知らせ

新入生には,入学後に次の案内があります.

  • パスワードのマナー
  • 統合認証システムを用いて、初期パスワードの変更を行うこと
  • ゼルコバの「大学からのお知らせ」は常に確認すること
  • ゼルコバを用いて、連絡先メールアドレスの設定を行うこと
  • BYODではセキュリティソフトウエアを使用すること.福山大学では、全学生・全教職員が使える全学セキュリティソフトウエアとして、ESETを準備しています。
  • Office365はオンラインで使えます.

以上の手順、その他 WiFi やセレッソ等を含め、「福山大学ICTのしおり」に記載しています.BYODについては,学科の先生などから案内があります.


4.教職員へお知らせ

  • キャビネット Karin の停止: 2019年5月10日に再稼働の予定です
  • ゼルコバ,セレッソは,年に1回程度の計画停止を実施しています

5.ICT(情報通信技術)の利用促進

(1)福山大学ICTのしおり (2)福山大学ICTシステムの概要 (3)統合認証システム

新入生,新任教職員には,初期パスワードを伝達し,ご本人に,必ず変更いただくこととしています.

(4)全学セキュリティソフトウエア

全学生,全教職員が利用できる全学セキュリティソフトウエア ESET を準備し,運用ています.

(5)Office365

全学生,全教職員がOffice 365 オンラインサービスを利用でき,Office 365 アプリケーションを各自でインストールできるように準備しています.

(6)ゼルコバ

ゼルコバは,履修,成績などを扱うオンラインのシステムです.「大学からのお知らせ」の機能があります.「大学からのお知らせ」は,大事なお知らせですので,常に確認してください.

(7)セレッソ

講義でも,講義外でも,学生・教職員間のコミュニケーションに活用されています.

(8)教育用Wi-Fiスポット(無線LAN による学内情報ネットワーク接続)

6.届出様式など

届出や申請などについては,ICTサービス窓口(下記)にご相談ください

7.ICTサービスの管理運営


謝辞および第三者著作物に関する表示

「情報セキュリティパンフレット」,その他,ICTサービス部門が作成し公開する資料のイラストでは,一部,「いらすとや」様のイラストを使用しています


情報セキュリティインシデントに関する通報体制

ICTサービス窓口(下記)では,福山大学の情報セキュリティインシデントについて,ご連絡,ご通報を受け付けています.本学の情報セキュリティインシデントに関する対策チームよりご回答させていただきます.ご連絡,ご通報では,次の事項をお知らせください.個人情報の取り扱いについては,末尾に記載しております.

  1. 内容(必須)
  2. インシデント等の発生日時について(必須)
  3. 連絡先 ※ご回答のために使います
    ご氏名,所属部署,電話番号,メールアドレス

その他,本学の情報セキュリティの向上に役立つと判断される情報,例えば,外部からの詐欺メール,外部からのサイバー攻撃の兆候についての情報なども,ICTサービス窓口で,随時受け付けています.


ICTについての問い合わせ先

ICTサービス窓口
 場所    7号館2階(正面の階段を昇って,すぐ目の前にあります)
 開設時間  平日10:00~13:00,15:00~17:00(大学指定の休日を除く)
 電話    4325
 電子メール 

相談の秘密は守ります.


通報や相談等における個人情報の取り扱いについて.

通報者の個人情報やプライバシ情報は,厳重に管理し,秘密を守ります.本学ICTのセキュリティ確保に利用します.被害拡大防止,再発防止のために,事故の事実は適切に周知します.その場合,個人情報保護,プライバシ保護,本学ICTのセキュリティ確保を行います.


PAGE TOP