スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 大学概要 > 学長短信(松田文子 学長) > ☆ 学長短信 ☆ No.51

学長短信(松田文子 学長) 
Rector Statements by Fumiko Matsuda President

「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。

☆ 学長短信 ☆ No.51 2014.04.03

夢を目標に変えて、アクティブに学ぼう!

今日は入学式でした。満開の桜並木と暖かい日差しのあふれるキャンパスでの入学式となりました。新入生に期待を込めて、次のような告辞を述べました。

------------------

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。ようこそ福山大学においでくださいました。福山大学教職員一同、そして在校生一同、新しい仲間を迎えることが出来たことをこころから喜び、こころから歓迎します。また、ご臨席のご家族の皆様には、ここまで育て、そして福山大学へと、物心両面でご支援いただきましたこと、こころより感謝申し上げます。新入生とそのご家族の皆様のご期待に十二分に応えて、これから卒業までの期間、新入生の皆さんの広範な人間形成に向け、教職員一同全力を挙げて取り組む所存です。ご家族の皆様には、引き続いての物心両面でのご支援を、よろしくお願いいたします。

福山大学は、今年創立39年目を迎えます。卒業生総数は約3万3000人で、その中から備後地域を中心に、地域のリーダーや中核となる人材を次々と輩出しています。創設者による建学の精神は、「学問のみに偏重するのではなく、真理を愛し、道理を実践する知行合一の教育によって、人間性を尊重し、調和的な全人格陶冶を目指す全人教育」ですが、この精神は、5学部14学科、4研究科13専攻を擁する、人文社会系、理工系、医療系のそろった中国地方有数の私立総合大学となった今日まで、脈々と続き、私ども教職員が行う教育支援の中心的理念となって受け継がれています。

て、皆さんは大学というところにどのようなイメージを持っておられますか。大学、とりわけ大学教育は、ここ数年大きく変わりつつあります。それは、社会の変化があり、そしてそれゆえに社会が大学卒業生に期待するものに変化があるからです。社会は大きく変わっています。その一つはグローバル化です。あらゆる企業や自治体が世界と関わり、つながっています。次に、情報技術・情報通信技術の急激な進歩です。コンピュータネットワークは、社会の存在形態そのものを大きく変えてきています。そして、三番目に、我が国が先進諸国の中でいち早く、急速な人口減少を伴う少子超高齢化社会の入り口に来たことです。これらの変化からは、正答のない、正答に至る解法の分からない大小の課題・難問が、次々とはき出されてきます。

このような社会情勢の下では、社会が大学教育に期待するもの、すなわち大学生に身につけてほしいと期待する力も当然変わってきます。もちろん、専門の知識・技能を身につけてほしい、これは変わりません。しかし、より一般的な、実践的語学力、数理的リテラシー、情報リテラシー、コミュニケーション力、総合的な問題解決力等は、専門にかかわらず身につけて、汎用力のある若者を育ててほしいというのが、今日の社会のニーズなのです。さらに、このような専門的あるいは汎用的知識・技能だけでなく、自己管理力、チームワークやリーダーシップ、あるいは倫理観、責任感といった態度までも身につけてほしい、というのも社会の強いニーズです。

はこのような力は、どのような学び方をすれば身につくのでしょうか。教師の説明をじっと聞き、出された問題を解き、答え合わせをする、というような小学校以来なじみ深い方法だけでは、とても難しいということは分かるでしょう。今、本学では、このような授業に代わってアクティブ・ラーニングと総称される授業が増えてきています。「アクティブ」すなわち「学生自身が積極的に」、「ラーニング」「学ぶ」、ということです。すなわち、教員が知っていることを教える授業だけでなく、正しい答えが分からない課題に学生たちが立ち向かい、解決方法を探して、自分たちなりの解決策を提案するという学びの形態です。したがって、授業中に少人数で話し合ったり、学生が前で発表したり、時には学生だけでミーティングや作業を行い、先生は意見や助けを求められたときだけ表に出てきたり、あるいは大学の外に出て調査や実体験をしたり、という授業が増えてきています。また、実践的語学力は、座学の後で実際に留学して仕上げることが可能です。中国、アメリカ、ヨーロッパに、協定校があります。

またそのような学びを行いやすい教室や建物も増やしています。昨年の9月に竣工した新しい工学部はその建物全体が、学科の区分を超え、研究室の垣根を越えたプロジェクト方式で、人々が集い、知恵を出し合い、正答のない問題に小さくてもよいので取り組み、協力して未知の物作りを行うなど、新しいアクティブ・ラーニングの教育の理念の体現をもくろんだ作りになっています。この大学会館の3階にも、アクティブ・ラーニング専用の、最新のICT機器のそろった、大変魅力的な教室がありますし、1号館1階には、語学のアクティブ・ラーニング専用の教室が二つ、昨年度末に完成し、皆さんを待っています。

さて、私たちは、3.11.を体験した世代です。いまだに終息しない東日本大震災と福島第一原発事故は,私たちの常識を大きく揺さぶりましたが,持続可能な社会を形成していくには、そしてその中で人間らしく生きていくには、社会の一員としての共同体感覚が不可欠であることを、明確に示し続けています。本学でアクティブに学ぶ中で、仲間を作り、地域の人々と交わり、助けられ助ける経験をかさねて、この共同体感覚を養っていきましょう。「学問のみに偏重するのではなく、真理を愛し、道理を実践する知行合一の教育によって、人間性を尊重し、調和的な全人格陶冶を目指す全人教育」という建学の精神につながっていきます。

最後に、皆さんは一人ひとり、夢を持ってこの大学に入学されたことと思います。夢はいつか覚めます。覚めないようにするには、夢を具体的な目標にする必要があります。そして、目標達成のための手段を考え、計画を立て、試行錯誤を重ねながら実行していく必要があります。大学での学びを丸ごと、この目標実現のためのアクティブ・ラーニングにしましょう。

以上、私達教職員は、皆さんの夢の実現を惜しみなく支援することをお約束して、入学式告辞とします。


PAGE TOP