スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 大学概要 > 学長短信(松田文子 学長) > ☆ 学長短信 ☆ No.96

学長短信(松田文子 学長) 
Rector Statements by Fumiko Matsuda President

「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。

☆ 学長短信 ☆ No.96 2017.10.01

学生にとっての教員との人間関係

 空は青く、風は爽やかな、勉学に最適な秋になりました。

 さて、コンピュータが社会の隅々まで広がるにつれ、人間には人間でな
いと難しいことを成し遂げる能力、あるいは感性や態度といったものが、
ますます重要になるでしょう。
 学生にはもちろん自分が属する学部・学科に関係した専門の知識や技能
をしっかり身につけてもらわねばなりませんが、思考力、判断力、表現力
といったより汎用性のある力を身につけることも非常に大切です。そのた
めに、問題解決型のアクティブ・ラーニングが重要なわけです。しかし、
この汎用力の領域にも、コンピュータがどんどん入ってきています。コン
ピュータを上手に利用して、そのような汎用力を状況に合わせてさらに強
化出来るようになることが重要になってきています。そこでは、汎用力と
言っても、主体性、協調性、好奇心といった態度や行動特性に近い汎用力
がキーポイントかもしれません。
 統率力や協働力といった他者に対する力、自信創出力や感情統制力と
いった自己に対する力、課題発見力や課題実践力といった課題に対する力
が、大学在学中にうんと伸びた学生と余り伸びなかった学生の学習環境を
比較した大規模調査があります。他者に対する力が伸びた学生はそうでな
い学生より、「大学教員と顔見知りになった」「教員に親近感を感じた」「他
の学生と友情を深めた」「大学の教職員に将来のキャリアの相談をした」「教
職員に学習に関する相談をしたり、学内の学習支援室を利用したりした」
経験率が高いのです(両群の差の大きい順)。自己に対する力が伸びた学
生はそうでない学生より、「効果的に学習する技能を修得した」「大学が求
める水準に応じて学習した」「大学教員と顔見知りになった」「大学の教職員
に将来のキャリアの相談をした」「教員に親近感を感じた」「図書館の資料を
利用した」「自主的な勉強会に参加した」経験率が高いのです。さらに、課
題に対する力が伸びた学生はそうでない学生より、「授業に欠席した」経験
率が低く、「授業時間外に他の学生と一緒に勉強したり、授業内容を話し
たりした」「図書館の資料を利用した」「教員に親近感を感じた」経験率が
高いのです。
 意外にも、思考力、判断力、表現力といった汎用力の獲得に影響の大き
い授業での経験内容(たとえば、フィールドワーク、ボランティア、発
表、討論、小テストなど)の経験率は、他者、自己、課題に対する力のい
ずれについても、両群間にほとんど差はなく、上記のようにむしろ教員
(あるいは教職員)とのよい人間関係の有無の方が関わりが深いようで、
興味深いですね。教員の責任は重い!

参考図書:
PROG白書プロジェクト(編)「PROG白書2016 現代社会をタフに生き抜く
新しい学力の育成と評価-2020年大学入試改革を見すえて-」学事出版 
2016年発行。


 学生の活躍です。
(1)経済学部経済学科1年次生の泉勇也君が、U-19全日本大学サッカー選
抜チームに選出され、9月にAsian University Football Tournament(韓
国・テベック)に参加しました。この経験を生かしての、今後の活躍が期
待されます。

 教員の活躍です。
(1)人間文化学部心理学科の宮崎由樹講師が、日本心理学会の平成29年
優秀論文賞を受賞です。論文は、Yuki Miyazaki & Jun-ichiro Kawahara
"The Sanitary-Mask Effect on Perceived Facial Attractiveness."
Japanese Psychological Research, 58, 261-272, 2016. おめでとうご
ざいます。詳細は、学長室ブログで。http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/09/blog-post_30.html
賞についてはこちら。
https://www.psych.or.jp/prize/ronbun_jushou.html

(2)共同利用センターの鶴崎健一准教授が、多年にわたる学生陸上競技
会への貢献により、日本学生陸上競技連盟から功労賞を受賞です。おめで
とうございます。詳細は学長室ブログで。
http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/09/blog-post_40.html





PAGE TOP