スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 大学概要 > 学長短信(松田文子 学長) > ☆ 学長短信 ☆ No.91

学長短信(松田文子 学長) 
Rector Statements by Fumiko Matsuda President

「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。

☆ 学長短信 ☆ No.91 2017.05.01

学生から社会人に

 五月晴れ、木々の新緑、多彩なツツジの花・・・初夏ですね!

 さて、入学式でも述べましたが、今後確実にコンピュータリゼイション
が進み、人には、人でないと出来ないことを成し遂げる能力や感性、自ら
の行為の意味を考え内省する力、そして人と人とのつながりを作り育てる
力が、今以上に強く求められるようになるでしょう。さらに、どちらかと
いうとおとなしい感じの新入生の多い本学ですが、主体的・能動的な行為
者に育って、卒業してもらう必要があります。ある調査によれば、大学か
ら社会に成功裏に移行した若者の大学時代の特徴は、(1)豊富な教室外
学習、(2)良好な対人関係の構築・積極的な課外活動への参加、(3)明
確なキャリア意識、であったとのことです。なるほど、と思われる調査結
果です。ところで、そういう目で、3月、4月に学長室に届いた本学の教育
実践についての報告書を見ると、すばらしい実践がたくさん見られます。
 たとえば(1)の例:
人間文化学科日本近現代文学研究室ゼミ「井伏鱒二の文学(「在所も
の」)に描かれた地域文化 2016」(福山大学教育振興助成事業報告)
Pp.32,2017年3月.
http://www.fukuyama-u.ac.jp/h-culture/original/entry-4247.html
 (2)の例:
山崎理央「学科横断的学生サポーター養成プログラムの開発と充実に向け
て」平成28年度福山大学教育振興助成金活用研究 実践報告集【第5
集】、p.2-3,2017年4月.
http://www.fukuyama-u.ac.jp/human/original/supporter.html
 (3)の例:
前田吉広「大学生のキャリア形成を支援するキャリアポ-トフォリオの改
善研究」福山大学大学教育センター「大学教育論叢」第3号、p.67-73,
2017年3月.
http://www.fukuyama-u.ac.jp/research/project/jibun-mirai-souzou.html

 このような実践も、近年の退学率の低下や就職率の向上に貢献している
のでしょう。これら報告書が多くの教職員の目に触れて、参考にされ、さ
らに磨きがかけられることを期待しています。
 なお、上記の(1)(3)の論文や報告書は、本学図書館のリポジトリに
も収録されています。
https://fukuyama-u.repo.nii.ac.jp/? 
(2)の報告書は、「福山大学教育振興助成事業」の所にも。
http://www.fukuyama-u.ac.jp/research/project/entry-1131.html

参考図書:
PROG白書プロジェクト(編)「PROG白書2016 現代社会をタフに生き抜く
新しい学力の育成と評価-2020年大学入試改革を見すえて-」学事出版 
2016年発行。





PAGE TOP