スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 大学概要 > 学長短信(松田文子 学長) > ☆ 学長短信 ☆ No.85

学長短信(松田文子 学長) 
Rector Statements by Fumiko Matsuda President

「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。

☆ 学長短信 ☆ No.85 2016.12.01

読書

寒くなりました。読書の秋は終わりましたが・・・まだまだ日暮れは
早く、こたつで背中を丸めてみかんなど食べながらの読書向きの日々で
す。新聞の書評で読みたい本を見つけたら、インターネットですぐ注
文・配達してくれます。何という贅沢!




 アントニオ・G・イトゥルベ著『アウシュヴィッツの図書係』集英社
(2016年刊)を読んでいます。ここ数年毎年本学の図書館が作って新入
生等に配布している小冊子「新入生にすすめる50冊の本」の、平成29年
度版に次のように寄稿しました。
---------
書名:アウシュヴィッツの図書係
著者名:アントニオ・G・イトゥルベ(小原京子 訳)
出版社(出版年):集英社(2016年)

キャッチコピー:あなたにとって、本とは?

紹介文:
 あなたは本を読んでいますか。図書館にも本屋さんにも、本があふれ
ていますね。これらの本が1冊残らず無くなったら、あなたは困ります
か、悲しみますか。スマホがあれば十分・・・、インターネットで必要
な情報は全部見つけられる・・・と思っているかもしれませんね。
 明日の命がまったく不透明な極限状態においてさえ、本は幾ばくかの
食べ物と同様に、あるいはそれ以上に、命を支え、人の成長の糧となっ
ていることを、また、生きるということはどういうことか、勇気とは何
かということを、そしてさらに、希望とは何かということも、この本は
教えてくれます。心が強く強く揺すぶられる本です。
主人公の少女ディタにはモデルがいます。著者あとがき、訳者あとがき
までしっかり読んでみましょう。人と人とのつながりの不思議さに感動
させられます。
--------------
久しぶりに、ハンカチのいる本でした。第二次大戦中の幼児期を思い出
しもしました。


別件の、教員の活躍を知らせるよい便り2件。
(1)11月8日、アメリカのデンバーで開催された国際会議 ACM SIGUCCS
2016 において、工学部情報工学科の山之上卓教授が、この会議を主催
しているSIGUCCS (Special Interest Group on University and
College Computing Services) の殿堂入り(Hall of fame)を果たしまし
た(http://www.siguccs.org/halloffame_inductees.shtml)。
これは、同時に受賞した藤村九州大学名誉教授とともに、日本からは初
めての受賞です。おめでとうございます。詳細は学長室ブログで。
http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2016/11/blog-post_59.html

(2)心理学科の宮崎由樹講師が、10月30日に第35回日本基礎心理学会
全国大会における研究発表で優秀発表賞を受賞しました。おめでとうご
ざいます。詳細は学長室ブログで。
http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2016/11/blog-post_8.html
 


PAGE TOP