スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 大学概要 > 学長短信(松田文子 学長) > ☆ 学長短信 ☆ No.84

学長短信(松田文子 学長) 
Rector Statements by Fumiko Matsuda President

「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。

☆ 学長短信 ☆ No.84 2016.11.01

たかが「ゴミ拾い」

秋が深まってきました。今朝は雨上がりに朝日がさし、キャンパスの木々が輝いています。




 学長短信No.58で「目」の効果について述べました。目の部分の写真や
ポスターのあるところでは、人は規範をより遵守したり、あるいはより
協力的に振る舞ったりするのです。
 学長短信No.66では、「目」の効果と「破れ窓理論」(建物のたった1つの
割れ窓を放置しておくことが、その街の荒廃につながりかねない)の相
乗効果で、学内のゴミを減らしたお話をしました。
 関連した面白い研究が、心理学の学術雑誌に最近載りました。カラー
のイラストを見せて、ゴミの捨てやすさを約100人の大学生に質問して
います。回答は「絶対に捨てない:0点」から「きっと捨てる:5点」の6段
階です。そのイラストですが、「草むら条件・更地条件・花畑条件」「先
行ゴミの有り条件・無し条件」「『監視カメラ有り』看板の有り条件・
無し条件」「2つの目の描いてある看板の有り条件・無し条件」などの
バラエティーがあります。その結果、草むらで、先行ゴミが有り、監視
カメラがないと、ゴミは一番捨てやすく、花畑で、先行ゴミがなく、監
視カメラがあるとゴミは一番捨てにくい、という結果でした。さらに、
目の看板があれば、監視カメラに近い効果も得られました。
 大学のキャンパスは、最近はよく手入れが行き届きとてもきれいです
(「花畑条件」になっている)。これは確実にゴミのポイ捨てを減らし
ています。それでも時々ゴミが落ちています。私は運動のため朝キャン
パスを歩いて縦断していますが、たまに見つけるゴミは拾うようにして
います(「先行ゴミ無しの条件」を作る)。それは、単にそのゴミをな
くすだけでなく、私のその行為がなければ未来に落ちていたかもしれな
いゴミをなくすことにつながるからです。ささやかですが、未来を制御
していると思うと、悪い気はしません。ゴミに限らず、私たちの日々の
小さな行為が、学生を含む私たちの未来の行為に、たとえ意識すること
も意識されることもなくても、影響していますよ。「たかが『ゴミ拾
い』」です。

参考資料
中俣友子・阿部恒之 「ゴミのポイ捨てに対する監視カメラ・先行ゴミ・景
観・看板の効果」心理学研究、2016年、第87巻 第1号 pp. 219-228。
学長短信No.58:社会的手抜き、フリーライダー、そして「目」
http://www.fukuyama-u.ac.jp/rector-statements/entry-1644.html
学長短信No.66 :「目」の効果と割れ窓理論
http://www.fukuyama-u.ac.jp/rector-statements/entry-2282.html

 よい便り1件。院生の研究活動です。
(1)工学研究科情報処理工学専攻修士課程1年の杉原慶哉君が10月11
日-14日に京都で開催されたIEEEの国際会議2016 IEEE 5th Global
Conference on Consumer Electronicsにて研究のデモ発表を行い、2nd
Prize IEEE GCCE 2016 Excellent Demo! Award を受賞しました。おめ
でとうございます。なお、詳細は学長室ブログで。
http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2016/10/2016-ieee-gcce2nd-prize-ieee-gcce-2016.html
 


PAGE TOP