スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 大学概要 > 学長短信(松田文子 学長) > ☆ 学長短信 ☆ No.61

学長短信(松田文子 学長) 
Rector Statements by Fumiko Matsuda President

「学長短信」は、牟田泰三前学長が始めたもので、福山大学の大学運営を、どのような考えに立って、どのような方針で進めているのか、などについて、学長から教職員の皆さんに伝えるために、メールで届けているものです。

「学長短信」は、学内の皆さんに読んで頂くだけでなくて、大学外の方々にもこれを読んで頂いて、福山大学のことをより多く知って頂きたいと思います。そこで、前学長のものも含め、「学長短信」のバックナンバーを全て福山大学ホームページにアップすることにしました。

学外の皆さんにも、是非この機会に読んで頂きたいと思います。

☆ 学長短信 ☆ No.61 2015.02.06

発達の最近接領域

発達途上にある子どもや若者は、知っていること出来ることが、学ぶほどに、経験を積むほどに、どんどん増えていきます。量が増えるだけでなく、知識や技術はより複雑なかつより整合性のとれた体系になり、汎用力が増します。学び経験する過程で、自分や外界に対する態度も洗練されるでしょう。

ところで、知っていることや出来ることの集まりであるゾーンAと、知らないことや出来ないことの集まりであるゾーンBは、きれいな境界線で区切られているのでしょうか。2つのゾーンの間には、心理学で「発達の最近接領域(zone of proximal development)」と呼ばれるようなゾーンがあるに違いありません。すなわち自力では問題解決できないが、他者からの援助があれば、あるいは他者との協働の下では達成可能になるようなゾーンA-Bです。教育では、その内容がこのようなゾーンA-Bにフィットしたとき、学習・学修が大いに進むでしょうし、同時に教育はこのような潜在的可能性の領域であるゾーンA-Bを作り出して広げるものであってほしいものです。すなわち、ゾーンA-Bの拡大は重要な学修成果の一つといえます。しかし、○×式や穴埋め問題に代表されるようないわゆる客観テストでは、ゾーンA-Bの測定・評価は難しいですし、いわんや学び経験する過程での自分や外界に対する態度の洗練など評価できません。ルーブリックやラーニング・ポ-トフォリオによる評価の必要性と重要性が、ここにもあるのです。

少々曖昧でも不確実でもよいのです。潜在的可能性の領域を広げることは、大学教育の、それも未来の見定めがたい時代の大学教育の、大きな使命だと思いませんか。

導入された教育支援システムcerezo(セレッソ)は、このような教育成果の向上と見える化にもしっかり役立つでしょう!

別件のよい便り、学生の活躍4件です。新しいところから・・・。

  1. 電子・ロボット工学科4年の平田光弘君が、第23回計測自動制御学会中国支部学術講演会にて発表し奨励賞を受賞、1月19日に表彰式が行われました。おめでとうございます。

    詳細は、学長室ブログで。
    http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2015/01/blog-post_28.html

  2. 広島県サッカー協会による【HIFA AWARDS 2015】の表彰式が1月17日に開催されました。福山大学からは年間優秀選手(1種・大学)として6名の選手が表彰されました。おめでとうございます。
    • 峯 恭平君(DF 経済学科4年)
    • 川越竜磨君(GK  経済学科4年)
    • 加次 佑君(FW 経済学科2年)
    • 前原 翼君(MF 経済学科2年)
    • 越智拓巳君(DF 経済学科2年)
    • 国師龍也君(MF 経済学科2年)
    詳しくはfacebookページhttps://www.facebook.com/fukudaifootball またはブログhttp://fukudai06.blog43.fc2.com/

  3. 日本学生野球協会は、1月9日、2014年度の表彰選手を発表しました。大学の部では全国から25人。本学からも木村真登主将(経済学科4年)が選ばれました。おめでとうございます。

    詳しくはhttp://www.fukuyama-u.ac.jp/cmp-sports/cmp-sports-info/entry-1743.html

  4. 学友会弓道部 森本 梨菜さん(生命栄養科学科1年)が平成26年11月29日(土)に開催された第42回広島県学生弓道新人戦で優勝しました。おめでとうございます。

    詳細は、学長室ブログで。 http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2015/01/blog-post_27.html

PAGE TOP