スマートフォン用タイトル画像

社会連携センター > 社会連携センター > 知財部

社会連携センター

知財部

福山大学知的財産ポリシー

福山大学は、将来を担う人材を社会に提供する教育、文化及び文明の発展に寄与する学術研究に加え、教育・学術研究の知的成果を社会へ還元する社会貢献が期待されている。福山大学は、知的財産を有効に活用した社会貢献を目指して、本学における知的財産の効果的な創出、保護、管理のため、以下のことに積極的に取り組むこととする。

  1. 学術研究成果を産業界へ積極的に技術移転し、産業の発展に寄与する。
  2. 知的創出物を有効に活用するため、その権利化を支援し、維持に協力する。
  3. 地域産業界との連携を密にし、地域社会への貢献を目指す。
  4. 透明性の高い産学連携のための組織・体制を整備する。

活動内容

知財部は、福山大学における研究成果を有効に活用しさらなる研究の進展を目指すため、研究成果の公開と産業界への積極的な技術移転を推進することを、目的としています。あわせて、知的財産への理解を深め、知識を高めるための啓蒙活動を行います。そのために、以下の業務を行います。

  1. 本学の教職員が蓄積してきた知的財産の調査・データベース化に関すること
  2. 本学の有する知的財産を社会へ還元すること
  3. 知的財産を学生教育に活用し、教職員・学生・大学院生等の相互理解を深めること
  4. 発明の評価、特許出願、権利化など、知的財産の保護に関すること
  5. 知的財産データベースの運用、特許管理など、知的財産の管理に関すること
  6. ライセンス、新事業創出など、知的財産の活用に関すること
  7. 知的財産に関わる教育・研究の高度化と、教職員・学生・大学院生等への啓蒙活動に関すること
  8. その他、知財部の目的を達成するために必要な事項に関すること

知財部では、一般公開の「知的財産セミナー」を開催しています。

なお、福山大学の研究者情報については、「福山大学研究者一覧」をご覧ください。

平成30年度 知財活動

知財活動


PAGE TOP