スマートフォン用タイトル画像

心理学科 > 教員紹介 > 松田 文子

心理学科 教員紹介
Department of Psychology

松田 文子(まつだ ふみこ)

【職名】

教授(学長)

【学位】

文学博士

【専門分野】

時間の心理学、認知発達心理学、教育心理学

【担当科目】

教養ゼミ

【メッセージ】

心理学科の何人かの教員と一緒に、教養ゼミのピア・サポートを担当しています。ピア=仲間、サポート=支援ですね。友達との関係作りや教員との関係作りに新入生が失敗しないように、さらに新入生の皆さんがお互いに支援し合える関係になるように、さらにさらに、将来を担える若者に成長するように、参加者全員が楽しみながら訓練しますよ。

【リンク】

研究者情報

■時間の心理学

時間というのは何だと思いますか? 自分とは無関係に一様に流れる物理的な時間があると思いますか、それとも時間は自分の意識が作り出しているものだと思いますか。ゲームに熱中しているとアッという間に時間は過ぎるのに、退屈な授業ではなかなか時間が経たないのはどうしてでしょうね。こんな時間の認識は、子どもと大人で、同じなのでしょうか。謎だらけですね。

著書「心理的時間~その広くて深いなぞ」「時間を作る、時間を生きる-心理的時間入門-」


■時間、距離、速さの関係概念の発達

小学校の高学年の算数の時間に、速さ=距離/時間の公式を習って、いろいろ文章題に挑戦しましたね。これ、得意でしたか。大方の人が苦手だったのではないでしょうか。新幹線が走るのを見た幼児が「速~い!」と歓声を上げるように、速い、遅いという速さの量の違いは、4歳の子どもでも間違えることはないのに、変ですね。時間、距離、速さ概念を子どもがどのように獲得するのか実験的に調べ、その結果速さの概念の教え方がまずいんじゃないの・・・ということを実証して、わかりやすい教え方を提唱しています。

著書「関係概念の発達~時間、距離、速さ概念の獲得過程と算数『速さ』の授業改善」


教員一覧に戻る

PAGE TOP