スマートフォン用タイトル画像

心理学科 > 学科紹介 > 3つのポリシー

心理学科 学科紹介
Department of Psychology

3つのポリシー

教育目的

心理学科は,現代社会で生み出されるさまざまな心の問題や精神健康の増進に対処するために,心理支援を念頭に置いて,人間の行動と心理において総合的に教育・研究し,教育,福祉,医療,司法,産業等の諸領域で,心理学の知識と技能を応用することのできる人材を育成することを目的とする。

  1. 医療従事者として,他職種と連携し,被援助者の問題解決を目指すことができる人材を育成する。
  2. 産業領域で働く者として,縦横の関係を円滑につなぎ,職場の心の健康促進に努めることができる人材を育成する。
  3. 教育関係者として,心理学的視点により教育・発達現場の課題をとらえ,地域と連携しながら,課題解決を目指す人材を育成する。
  4. 司法関係者として,犯罪の仕組みを理解し,地域の安全安心の維持向上に努める人材を育成する。
  5. 専門職に就くための知識を修得し,大学院へ進学する人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

心理学科の目的に沿って,設定した授業科目を履修して,所定の単位数を取得した者に卒業を認定し,学士(心理学)の学位を授与する。なお,卒業時に必要とされる資質は以下のとおりである。

  1. 心のはたらきを理解し,自己と他者を客観的にとらえることができる。
  2. 心と行動の多様性と可塑性を理解し,社会に適応する力を有している。
  3. 心と行動の普遍性を理解し,それを対人コミュニケーションに発揮できる。
  4. 心理学の社会的役割を理解し,コミュニティにおいて求められているニーズを把握できる。
  5. 心理学の諸理論を用いて,他者の心を理解する力を有している。
  6. 心理学的技法を用いて,他者の心を支援する力を身に付けている。

カリキュラム・ポリシー (教育課程の編成・実施の方針)


心理学科では,ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を踏まえ,教育・発達系,医療・福祉系,地域臨床系のキャリア・パスに基づき,学生が段階的かつ体系的に共通教育科目や心理学の専門教育科目を履修し,心理学の知識や技能を応用して社会で活躍できる人材となれるようなカリキュラムを作成し,次のような方針に従って教育課程を編成し実施する。

  • 1年次
    共通教育科目,及び人間文化学部の専門基礎科目と心理学科の専門科目を通じて,専門教育への導入となる知識と教養・リテラシーを身に付ける。
  • 2年次
    人間文化学部の専門基礎科目のほか,実習を含めた心理学科の専門科目を通じて,研究スキルを修得し,専門教育への動機づけを高める。
  • 3年次
    より専門性の高い科目や課題実習を通じて,研究の実践とキャリア選択に向けた専門教育での学びを深める。
  • 4年次
    専門ゼミを通じて,研究を進展させ,大学教育の集大成として卒業論文をまとめるとともに,心理学を社会に応用する意欲を養い,態度を修得する。

アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

心理学科は,心の働きや行動の仕組みについて学び,人間関係の調整役も出来る人を育成します。そこで,心理学科では次のような人を求めています。

  1. 幅広い心理学を学びたいという好奇心に富み,独創性を発揮する意欲のある人
  2. ボランティア精神とリーダーシップ能力を有し,実行に移す行動力のある人
  3. 人とのコミュニケーション,社会の動きに関心があり,心理学を社会に活かしたい人

上記のような知識や能力,態度などを身に付けているかを確認するため,必要に応じて筆記試験や面接,学習課題などを通して判定を行ないます。


PAGE TOP