スマートフォン用タイトル画像

心理学科 > 学科紹介 > 3つのポリシー

心理学科 学科紹介
Department of Psychology

3つのポリシー

教育目的

心理学科は,人々の心の健康の保持増進に寄与するために,心理支援を念頭に置いて,人間の心のはたらきや行動について総合的に教育する。保健医療,教育,福祉,司法・犯罪,産業・労働等の諸分野で,心理学の専門的知識と方法を応用できる地域の中核的役割を担う人材や,公認心理師として活躍する人材を育成することを目的とする。

  1. 様々な職種と協働しながら,心理学の専門的知識や方法を応用し,問題解決を目指すことができる人材を育成する。
  2. 自己理解に基づいた他者との関わりの中から,倫理観を持って,社会における様々な課題に取り組む積極性のある人材を育成する。
  3. 地域や社会の動向を踏まえ,心理学が求められる役割を自覚して主体的に行動できる人材を育成する。
  4. 公認心理師の資格取得を目指し大学院へ進学し,進学後・資格取得後も自ら研鑽を継続して積むことができる人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針)

心理学科の目的に沿って,設定した授業科目を履修して,所定の単位数を取得した者に卒業を認定し,学士(心理学)の学位を授与する。なお,卒業時に必要とされる資質は以下のとおりである。

  1. 心理学や心理学関連領域に関する豊かな教養を修得している。
  2. 心理学の諸領域に関する専門的知識を修得している。
  3. 心理学の方法を活用して,心のはたらきや行動を客観的に測定・分析できる。
  4. 心理学の方法を活用し,自らが発見した心理学が関わる諸問題を実証的に解決できる。
  5. 地域や社会に貢献する意欲を持ち,継続して自己研鑽できる態度を修得している。
  6. 個人,集団,文化の多様性を理解した上で,社会の一員として倫理観をもって他者と協働できる。

カリキュラム・ポリシー (教育課程の編成・実施の方針)

心理学科では,ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を踏まえ,心理学の知識や方法を応用して社会で活躍できる人材を育成する。そのために,次のような方針に従って教育課程を編成し実施する。

  • 1年次
    共通教育科目および人間文化学部の専門基礎科目を通じて,専門教育への導入となる教養と知識を修得する。また,教養ゼミを通じて,自己研鑽の意欲を育む。
  • 2年次
    実習を含む心理学科の基幹的な専門科目を通じて,心理学の諸領域に関する専門的知識や方法を修得する。
  • 3年次
    心理学科の発展的な専門科目を通じて,心理学の実践方法を修得する。また,課題実習を通じて,倫理観・他者との協働性を修得する。
  • 4年次
    専門ゼミで,心理学の専門的知識や方法を活用して卒業論文をまとめる。また,社会において求められる高い倫理観と,他者と協働して問題解決できる能力を修得する。

アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

心理学科は,心の働きや行動の仕組みについて広く学び,人間関係の調整役も出来る人を育成します。そこで,心理学科では次のような人を求めています。

  1. 幅広く心理学を学びたいという好奇心に富み,向上心の高い人
  2. 地域や社会に貢献する意欲やボランティア精神を有し,実行に移す行動力のある人
  3. コミュニケーション能力を磨き,より良い人間関係・社会を築きたいと考える人

上記のような知識や能力,態度などを身に付けているかを確認するため,必要に応じて筆記試験や面接,学習課題などを通して判定を行ないます。


PAGE TOP