スマートフォン用タイトル画像

薬学科 > 学科紹介 > PickUpゼミ

薬学科 学科紹介
Department of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

PickUpゼミ

漢方薬物解析学研究室(岡村 信幸 教授)


漢方薬物解析学研究室

漢方薬はインフルエンザ、認知症、癌などさまざまな疾病に汎用されています。医薬品は基礎研究を経て臨床的有用性が評価されて認可されます。漢方薬は臨床学的知見のみから認可された例外的な医薬品です。そのため、薬学的なデータが乏しく、何故効くのか、どのように作用するのかなどほとんど分かっていません。我々はこのブラックボックスの解析に取り組んでいます。研究室ページは、こちらから

医薬品化学研究室(町支 臣成 教授)


医薬品化学研究室

がん、HIVなど治療満足度が低い薬は、新薬開発が望まれています。一方、植物などから新規生理活性天然物が現在も次々と発見されています。私たちの研究室では、既存の薬と異なる新規天然物に注目し、それらを化学的に合成し、新薬の創生をめざした研究を行っています。研究室ページは、こちらから

生体機能解析学研究室(石津 隆 教授)


生体機能解析学研究室

温かいお茶が冷めるとにごりや沈殿が出てくるのを見たことがあると思います。これをクリーミングダウン現象といい、私たちの研究室ではなぜこの現象が起きるのかというメカニズムを解明しました。そしてこの現象を使って水溶液中から特定の物質や医薬品を取り出す方法について研究しています。また、手軽にデカフェの飲料をつくる方法も開発しています。研究室ページは、こちらから

薬物治療学研究室(井上 敦子 教授)


薬物治療学研究室

薬はどうやって病気を治してくれるのでしょうか。からだのしくみを知り、薬がどこにどのように作用しているのかを研究します。新しい発見により、新しい薬を見出すこともできます。そして同時に、生物のからだのあっと驚く仕組みを知ることもできます。研究室ページは、こちらから

生化学研究室(森田 哲生 教授)


生化学研究室

日本の死亡率の内、第1位は”がん(癌)”です。そこで私たちの研究室では癌の診断、治療、予防に貢献できればと考え、研究しています。現在”癌細胞”の特徴的な性質の発見に努めています。最近、乳癌細胞が興味深い脂質の利用をしていることを見つけ、解析しているところです(日本癌学会総会で6年次生が口演発表)。研究室ページは、こちらから

医療薬剤学研究室(佐藤 英治 教授)


医療薬剤学研究室

医療の現場では多くの医薬品が使われていますが、問題はまだまだ山積です。医療薬剤学とは、効果的で安全性の高い薬物治療や医薬品が人体に及ぼす影響についても解明していく学問です。写真は、高齢者が高血圧になるとどのくらい脳卒中を発症するのか、薬物治療をしたほうがよいのか4年次生が発表しているところです。研究室ページは、こちらから

病態生理・ゲノム機能学研究室(道原 明宏 教授)


病態生理・ゲノム機能学研究室

血清中のコレステロールの低下は、様々な病気を引き起こします。私達は、正常動物と病態モデル動物を比較して解析することでこれら病気の原因を解明したいと考えています。写真は、春に「福山大学内海生物資源研究所」の研修施設で行った研究報告会を兼ねたゼミ親睦会の様子です。研究室ページは、こちらから

研究室一覧は、こちらから


PAGE TOP