スマートフォン用タイトル画像

薬学科

薬学科 
Department of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

学科紹介

最先端の医療薬学教育で
次世代のリーダーとなる薬剤師を養成します。

学科での学び


福山大学薬学部は、日本で最初の「医療薬学教育の実践」を教育理念とする薬学部として1982年(昭和57年)4月に開設されました。また、設立当初から大学院(博士前期課程)の2年間を含めた6年間教育による臨床薬剤師の育成を実践してきました。
 医療薬学教育センター(平成22年竣工)に設置された最新の教育・実習施設を用いて、充実した薬剤師教育を行っています。

教育研究目的


1.薬学の確かな知識・技能とともに幅広い視野をもって医療の最前線で活躍する薬剤師を養成する。

2.医療人としての倫理観・使命感とともに豊かな人間性に基づいて行動する薬剤師を養成する。

3.科学的な思考力および問題解決のための実践力をもって多様な科学関連分野で活躍する人材を育成する。

4.豊かな創造力をもって医療の発展に貢献する人材を育成する。

5.向上心をもちたゆまず自己研鑽を続ける人材を育成する。

学科の特徴


Point1講義で学んだことを実習で確認する

薬学部では1年次の後期から実習が始まります。講義で学んだことを実際の実験で確かめることにより確実に身につけていきます。また実習で修得したさまざまな実験手技は、4年次以降に配属研究室で行う課題研究に活かされます。


Point2本物の医薬品を使って調剤する

福山大学薬学部では、3年次に行う調剤実習、および4年次に行う実務実習事前学習で本物の医薬品を用いて調剤のトレーニングを行います。医薬品の名前だけでなく、色、形、味など多くのことを実習中に学びます。


Point3問題解決型授業

薬学部では問題解決能力を養うためにproblem-based learning(PBL)形式の授業を1年次から6年次までの各学年で取り入れています。グループ討論と発表を繰り返すことにより、問題を発見してその問題に対する解答を学生自身で導き出していきます。

詳しい内容は、こちらのページです。

TOPICS


特色ある教育プログラム「交流学習」

自ら学ぶ「気付きの学習」

内定率100%、充実の「就職サポート」

「白衣授与式」

薬学教育評価機構による「全国初の適合認定」

TOPICSの画像をクリックで詳細へ移動


PAGE TOP