スマートフォン用タイトル画像

薬学部 > 学部オリジナル > 社会連携・地域貢献・研修会

薬学部 学部オリジナル
Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

社会連携・地域貢献・研修会

福山大学薬学部/薬学研究科が主催あるいは共催している活動について


福山大学薬学部ならびに福山大学大学院薬学研究科は、市民の健康維持のための貢献活動を積極的に実施していく方針です。


■ 福山大学薬学部・卒後教育研修会!



 本学の卒業生だけでなく、地域の薬剤師の方々を対象に開催している研修会です。疾患、薬物治療など最新の医療情報を提供します。


第41回 卒後教育研修会 (2017年10月14日)


*本研修は、日本薬剤師研修センター受講シールを交付します。


■ 福山市薬剤師会・シリーズ研修会!



 福山市薬剤師会と福山大学薬学部が共催で地域の薬剤師の方々を対象に開催している研修会です。毎月第1、3火曜日に開催されています。1人の講師が、あるテーマについて2~3回シリーズとして講演を行います。シリーズ研修会の詳細は、こちらをご覧ください。

*本研修は、日本薬剤師研修センター受講シールを交付します。


■ 福山大学・漢方研究会!



漢方研究会の詳細は、こちらをご覧ください。日時、場所、研修内容などが公開されています。

*本研修は、日本薬剤師研修センター受講シールを交付します。


■ 健康サポートフェア in 宮地茂記念館!

健康サポートフェアの詳細は、こちらをご覧ください。日時、場所、研修内容などが公開されています。

■ 社会連携について(企業の方へ)


↑ 社会連携センター


・社会連携の活動状況・成果・研究者情報については、社会連携センターのページをご覧ください。

・研究・産学連携に関する共同利用施設や機器については、 こちら(薬学) 、または、 こちら(全学) をご覧ください。

・福山大学では、学術研究や教育等の充実・発展のために寄付金を募集しております。以下の活動内容をご覧いただき、各種活動にご支援いただきますようお願いいたします。寄付の種類については、こちら をご覧ください。


一般の方へ


■ 薬学部では、模擬患者を募集しています!


 平成18年度より、薬学教育が従来の4年制から6年制に延長されました。6年制教育では、5年生時に病院、保険薬局で合計5ヶ月間の実務実習を行う事が必修となっています。

 共用試験は、臨床で実務実習を行うだけの知識、技能、態度を有しているか否かを問う試験です。共用試験には、知識を問うCBT(Computer Based Testing)と技能・態度を評価するOSCE(Objective Structured Clinical Examination;客観的臨床技能試験)がありますが、模擬患者はOSCEに参加します。

【模擬患者さんとは】  
 OSCEでは、学生が薬剤師役となって、患者さんに面接したり、薬についての情報提供を行う試験が含まれています。この時、学生の相手役となるのが模擬患者さんです。模擬患者さんは、予め設定された状況(どんな病気か、どんな生活環境かなど)や予想質問に対する返答内容を示したシナリオを覚えて、薬剤師役の学生とロールプレイを行います。


詳細については、以下の連絡先へお問い合わせください。

【連絡先】
 〒729-0292 福山市学園町1番地
 福山大学薬学部 田村 豊
 電話084-936-2111 内線5216
 E-mail:tamura@fupharm.fukuyama-u.ac.jp

ページトップへ戻る。


PAGE TOP