スマートフォン用タイトル画像

薬学部 > 薬学部 > 白川真講師!BNCT国際学会でベストプレゼン賞を受賞!

薬学部 薬学部
Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

白川真講師!BNCT国際学会でベストプレゼン賞を受賞!

福山大学薬学部の白川真講師が、BNCT国際学会2017のベストプレゼン賞を受賞されました。

ホウ素中性子捕捉療法に関する国際学会 Young Researcher's BNCT Meeting(第9回, 2017年11月13~15日, 京都府)において、「Improvement of encapsulation method of boron compounds for development of DDS formulation at high boron assembly」という演題で発表されました。ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)は、極めて侵襲性の低いがん治療法で、臨床試験が最近行われ始めるなど、次世代のがん治療法として期待されています。白川講師らのグループは、BNCTの治療効果増強を目的として、新規ホウ素薬剤である高濃度ホウ素含有リポソーム製剤を開発しており、その研究成果が評価されました。

受賞式の様子は、こちらのページへ

→ Young Researcher's BNCT Meeting


松田学長(左)、白川講師(中)、鶴田薬学部長(右)


福山大学大学院・薬学研究科については、こちらのページ をご覧ください。

PAGE TOP