Open Campus
オープンキャンパス 見学会9月16日イベント

機械システム工学科


学科紹介

機械システム工学科は「機械システムコース」と「自動車システムコース」の2コース制となっており、それぞれのコースで特色ある教育を行っています。学科紹介では各コースの特徴や授業紹介、教育研究設備、資格・就職状況などを詳しく説明します。



施設見学Ⅰ(ドライビングシミュレータ)

自動車の運転操作を再現する自動車安全技術高度実験装置です。様々な道路状態(時間帯、天候、街中など)を設定でき、車種別模擬運転や歩行者飛び出しなどの危険シーンの再現も可能です。



施設見学Ⅱ(CAD・CAM室)

インターネット接続はもちろん、ワードやエクセル等の汎用ソフトもインストールされたエンジニアリングワークステーション、機械系3次元CAD/CAM/CAEアプリケーションなどを備えた最新鋭の3次元設計教育設備です。授業のない時間帯は、学生はこの部屋を自由に利用することができます。



施設見学Ⅲ(高速光造形機)

光造形室には現在、モノづくり業界で話題になっている3次元プリンター(高速光造形機)が設置されています。この装置には内部に紫外線レーザーに触れると固化する特殊な液状樹脂が充填されており、これに紫外線レーザーを当てることで試作品を造形する、先端的工作機械です。



施設見学Ⅳ(自動車実習工場)

室内で自動車の動力や燃費走行試験が可能な排ガス同時分析型シャシダイナモメータや電装品性能試験装置、燃料噴射ポンプテスターなど、自動車のテクノロジーに応えうる自動車工学&技術の高度な実践教育設備が多く導入されています(中国運輸局認証工場)。



施設見学Ⅴ(生産加工実習室)

立型ミーリングセンタ、CNC旋盤、立型マシニングセンタ等、多くの工作機械が導入されており、実施に稼働している状況をご覧頂きます。また、授業で作製した作品もご覧頂きます。