Open Campus
オープンキャンパス 見学会9月14日イベント

生物工学科


【学科紹介】 バイオテクノロジーが切り開く多様な世界

バイオテクノロジーは分子の世界から生態系まであらゆる生命系の仕組みを明らかにする手法として用いられ、そして医療や産業に役立つモノづくりに応用されています。自然界の多様なメカニズムを理解し、そしてそれを応用するためのバイオテクノロジー。人と自然との共生のために私たちができることをお話しします。



【模擬講義】 バイオ X ワイン

生物工学科では、福山市特産のブドウを使った新しいワイン造りに取り組んでいます。ブドウ・ワインづくりには、植物の育種や酵母によるエタノール発酵など、バイオテクノロジーのエッセンスがギュッと詰まっています。生物工学科で学ぶ知識が社会でどのように役に立つのか、私たちの取り組みを例に学んでみましょう。



【研究紹介とワイン醸造所見学】 赤ワインの色について考えてみよう

福山市特産のブドウ品種、マスカット・ベーリーAは生食用として有名ですが、実は赤ワイン用としても日本で一番多く作られています。しかし、近年の温暖化で昼夜の寒暖差が少なくなり、赤ワインに重要な果皮の色付きの悪さが問題化しています。赤ワインの赤色の濃さを改善するため、私たちが進める研究について紹介します。



【在学生との交流と施設見学】 バイオテクノロジーを学ぶ学生ってどんな人?

生物工学科やグリーンサイエンス研究センターの先端バイオテクノロジー機器を紹介します。後は若い人たちで。。。教員に聞けないあれこれを学生に聞いてみましょう。講義や実習のこと、研究のこと、そして将来のこと、気軽に話せます。海外留学経験なども語ってもらいましょう。