Open Campus
オープンキャンパス 体験入学7月16日イベント

国際経済学科


学生代表による学科紹介

国際経済学科では、欧米・中国・東アジアといった海外経済を日本との関わりで学んでおり、トップテン等の海外研修、長期留学、海外インターンシップなど、挑戦する機会を次々に提供してくれます。自分たちも将来、経済のグローバル化と無縁ではいられないと感じつつも、一歩を踏み出す期待と不安。そんな新入生の思いを、皆さんに(もしかすると英語で)お伝えします。OGの応援メッセージも入ります。



海外留学に向けて

この秋、国際経済学科から2人の学生がブルガリアの大学(ソフィア大学とヴェリコ・タルノボ大学)に留学することになりました。出発前に、その2人から、留学するためにはどのような努力をすれば良いか、また、ブルガリアで何を学んで来たいか、等を語ってもらいます。ソフィア大学から福山大学への交換留学生も交えて、留学の良さを語り合ってみましょう。



世界の国・遺産クイズ大会

プレゼンテーションを行った現役大学生と対戦してみましょう。豪華賞品も用意しています。




海外経済に関するプレゼンテーション(「英語で学ぶ国際経済」の最終試験)

「英語で学ぶ国際経済」では、東アジアで「奇跡」と言われる経済発展が実現した一方で、世界には、未だ貧困や対立に苦しむ国が多々あることや、先進国では、成長の鈍化とともに自国優先の傾向があることを学んでいます。受講生は、自らの関心に基づいて特定の国を選び、その国の問題を解決するために何ができるか、考えてきました。これまでの検討結果を、受講生自身が英語で報告します。皆さんの拍手の大きさが、受講生の成績を押し上げることになるかもしれません。