スマートフォン用タイトル画像

生命栄養科学科 > オリジナル > 高校生アイデアどんぶり選手権

生命栄養科学科 オリジナル
Department of Nutrition and Life Science

高校生アイデアどんぶり選手権


生命栄養科学科では、毎年夏に、高校生を対象とした料理コンクール「高校生アイデアどんぶり選手権」を実施しています。
 高校生のみなさんが、食と健康に関心を持ち、自分たちの住んでいる地域の様々な食材を使って料理をつくることにより、「楽しく」「美味しく」栄養のこと、料理のことを考えてみる機会になることを目的としています。出品されたどんぶり物(洋風・和風・中華風)と、どんぶりに合うもう一品(副菜、汁物、デザートなど)の計2品のレシピと写真を審査(第1次審査;書類審査)し、入選者には第2次審査(実技審査)を行い、最優秀賞等を決定します。


第8回 高校生アイデアどんぶり選手権 終了

今年は料理自慢の高校生から、アイデアに富んだどんぶりレシピ総数302件の応募がありました。学内審査員により厳正な第1次審査(書類審査)を行い、工夫の凝らされた作品の中から8つの入選作品を選びました。
 第2次審査(実技審査)(平成30年8月8日)では、第1次審査を勝ち抜いた8名が生命栄養科学科の調理室にて、各自で考案したどんぶりと、どんぶりに合うもう1品を調理しました。審査会場では、審査員6名による厳正な審査が行われ、最優秀賞1名、優秀賞1名、審査員特別賞1名、学生賞1名が選ばれました。また、本学の第一食堂の料理長によりメニュー化作品の選定も行われました。



各審査の様子は、下記リンクをご覧ください。
 ○第2次審査 
学長室ブログ学部ブログ(第1次審査を勝ち抜いた8名全員のどんぶり写真がございます)


第8回(H30)審査結果



【最優秀賞】【学生賞】W受賞!
  西原 琴音さん
  「赤く燃えろ!タコチリ丼」「さっぱりトマトのパンナコッタ」




【優秀賞】【食堂賞】W受賞!
  長岡 大樹さん
  「セセリ丼」「切り昆布のサラダ」




【審査員特別賞】
  安藤 陽輝さん
  「黒酢南蛮丼」「シャキシャキごぼうのナムル」



これまでの入賞作品 (リンク先に過去の作品を掲載しています)


PAGE TOP