スマートフォン用タイトル画像

生命栄養科学科 > オリジナル > 学科長挨拶

生命栄養科学科 オリジナル
Department of Nutrition and Life Science

学科長挨拶

管理栄養士になりたいけれど、どの大学を受験しようか迷っている皆様へ



生命栄養科学科は、個人差に基づいたオーダーメード医療や栄養療法が一般化することで、栄養管理にもライフサイエンス分野の高度な知識が必要となるのに合わせて、平成20年に生命工学部として初めて認可された管理栄養士養成課程です。

 一方で、栄養について人々にわかりやすく伝えるには、高いコミュニケーション能力が必要です。しかし、ライフサイエンスとコミュニケーション能力の両方をマスターするのは簡単ではありません。このような文系・理系の両方の力を最初から十分に持ち合わせている人は少なく、入学後の学修によって培っていきます。

 最初は文系・理系を問いません。学び続ける力と目標に向かって進む意志があれば十分です。大学では、日本語表現法、教養ゼミ、基礎化学、基礎栄養学などの勉強からスタートし、両分野の基礎を丁寧に学びます。 
 本学科には教育熱心な先生が多く、難しい内容でも分かりやすく解説します。ライフサイエンスに強い先生はもちろん、病院、福祉施設、保健所、給食会社などで管理栄養士業務に長年携わってきた先生、病院で医師としての実務経験を積んだ先生が在籍しています。管理栄養士としてチーム医療や健康の維持増進に貢献したい人、食事サービスなどの人を笑顔にする仕事がしたい人、食品会社で商品開発に携わりたい人、それぞれに実践力がつく指導を行います。

 生命栄養科学科では、管理栄養士だけでなく、栄養士、栄養教諭(一種免許)、食品衛生管理者、食品衛生監視員、フードスペシャリストなどの資格取得を目指すことになります。いずれの資格も4年間しっかりと学ぶことが条件になりますが、目標に向けて全教員が力を合わせ、きめ細かい指導を行います。

 最後に、福山大学では成績優秀な入学生に授業料減免の制度を設けています。詳しくは、各種奨学金制度の案内をご覧ください。これらの制度を利用すると、国・公立大学と大差ない授業料で学ぶことが可能です。ぜひ、福山大学へのご入学をお考えください。
 多くの方のチャレンジをお待ちしております。

生命栄養科学科 学科長 菊田安至


PAGE TOP